1. ニュース
  2. メーカー

スムーズな青か、叩ける緑か。 アルディラの新モデルが登場!

メーカー 編集部

同シャフトは、スイングパワーを最大限に引き出すため、同社の最新材料・生産技術を結集して生み出した新モデル。コンスタントテーパーのシャフト形状が、操作性を高め、スムーズな振り心地をもたらしてくれるという。

最大の特徴は、同社独自の「マイクロラミネート製法」を採用したこと。極薄で補強効果の高い材料を多層に配置する設計により、突出した性能と均一なシャフト周方向の剛性を実現。また、重量配分を最適化し、カウンターバランスに設定することで、重めのヘッドや長めのクラブへの対応にも適しているという。

同社のゴルフ・スポーツ営業部石井部長は、『ツアーブルー』と『ツアーグリーン』の違いについて次のようにコメント。

「『ツアーブルー』は、全体的にしなってタイミングの取りやすいシャフトです。一方、『ツアーグリーン』は、叩きにいってもヘッドが暴れないシャフトになります。どちらかというと、ハードヒッター向きのシャフトと言えますね」―。

フレックスは50g台がR、Sの2種類、60g台~70g台がR、S、Xの3種類となっている。トルクはフレックスによって異なるが、2・9~4・5。『ツアーブルー』が中調子、『ツアーグリーン』が中元調子となる。

今回の製品は、アルディラの親会社である三菱レイヨンと共同企画した日本仕様。コスメや重量帯など、日本人ゴルファーの嗜好に合わせた製品だという。日本市場での「アルディラ復活」となるのか? 今後の動向に注目したい。

問い合わせはプロアバンセへ、03~5791~1405。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • 『ROGUE BLACK LIMITED EDITION』に50g台追加

  • アルディラ、日本市場向け新シャフトを発売

  • ラムキングリップ契約、ジャスティン・ローズが優勝

  • 話題のシャフト&新発想のグリップを体感!

  • 素材にこだわったラムキンの新グリップが登場!