1. ニュース
  2. メーカー

“300ヤードスプーン”の進化が止まらない!

メーカー 編集部

発表会当日には、”300ヤードスプーン”の生みの親であり、前作で304ヤードを記録した同社グローバル ウッド/アイアン シニアディレクターのルーク・ウィリアムズ氏が来日、進化した『X2 HOT』のディテールを公開した。

「『X2 HOT』の開発で最も注力した点は、常に安定した性能を発揮させることです。特に『飛び』の三要素である『ボール初速』、『打ち出し角』、『バックスピン量』の適正化を図りつつ、さらに前作よりも精度を上げることで、幅広いゴルファーが飛距離アップできるモデルに仕上げました」(ルーク・ウィリアムズ氏)

そのパフォーマンスを証明するために、キャロウェイゴルフが日本へ招聘したのが、08年と09年に「世界ロングドライブ選手権」を連覇したジェイミー・サドロウスキー氏だ。1ホールを貸し切ったデモンストレーションでは、雨と寒さもあり本人が持つ記録には届かなかったが、数々のトリックショットを披露するなど、集まった記者たちから大歓声が上がった。

“300ヤードスプーン”のイメージ構築に成功し、次なるステージに向かった『X2 HOTフェアウェイウッド』で注目されるのが、ヘッドの進化。具体的には、●高強度カーペンター455スチールを採用した「フォージドカップフェース」を搭載。フェース周辺部分の厚みを薄くすることで、反発係数を高めボール初速アップを実現、●前作に比べ、「アンダーカットインナーウェイト」の重さを14g増やすことで重心位置をさらに「低・浅重心」に設定、スピンレスの強弾道で、ボールを遠くまで運ぶことができるという。

ラインアップは、#3(ロフト角15度)・4(同17度)・5(19度)・7(21度)・9(23度)・11(25度)と前作同様のバリエーショーン。シャフトは、オリジナルシャフトの他、『TOUR AD MT‐6』(グラファイトデザイン)をカスタムラインで採用した。グリップは、ゴルフプライドの『NEWディケイドJV』(ホワイトアウトニオンイエロー JS/バックライン無し)が装着される。

また、フェアウェイウッドの「飛び」を継承した『X2 HOTユーティリティ』も発表した。フェース素材には、フェアウェイウッド同様のカップフェースを全ての番手に採用。前作に比べ、フェースセンターで約22%、オフセンターヒットで約40%反発係数をアップしたという。「アンダーカットインナーウェイト」も取り入れ、「低・浅重心」をさらに追求したとのこと。

また、外観にもこだわった。ツアープロの意見を取り入れた大きめのディープフェース、そして前作よりもオフセットを少なくすることで、シンプルに構えやすいモデルに仕上げているという。

ラインアップは、3H(ロフト角19度)・4H(同22度)・5H(25度)・6H(28度)の4種類の他、コンパクトヘッドが好きなゴルファー向けに『X2 HOT PROユーティリティ』も用意している。

同社によれば、いずれも一月下旬の発売を予定しているとのこと(一部スペックは2月発売予定)。また、ドライバーやアイアンも同時期の発売を予定し、2月より『X2 HOT PRO』シリーズ、3月より『X2 HOT』シリーズのレディスモデルもラインアップする。

なお、動画は成田ゴルフ倶楽部で行われた新製品発表会の模様を収録したもの。

問い合わせはキャロウェイゴルフへ、0120‐300‐147。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • 二度とない!?キャロウェイのこだわりが詰まったコレクション

  • 選択肢はなかった!柏原プロがキャロウェイと契約

  • 重永亜斗夢がキャロウェイと契約!

  • 300ヤードスプーンには続きがあった

  • テレサ・ルーが日米両ツアー初優勝!

  • キャロウェイの新ウエッジ『MACK DADDY 2 ウエッジ』