1. ニュース
  2. メーカー

「i25」「アパレル」「直営」、盛りだくさんのPING発表会

メーカー 編集部

まずは、『i25』シリーズから。同製品はドライバー、FW、ハイブリッド、アイアンというフルラインアップでの展開となるが、特筆はドライバー及びFWのクラウン部に施された「レーシングストライプ」というデザイン。マットダークグレー仕上げのクラウン部に施されたマットブラックのライン。一体どういう効果があるのか? 同社プロダクト担当の安齋伸広マネージャーが力説する。
 
「これは、単なるデザインではありません。ターゲットに対して真っ直ぐに構えやすく、理想のアドレスとテークバックが可能となり、方向性が大幅に向上するという、いわば新機能です。クラウン部はすべて曲線で出来ているため、このように真っ直ぐなラインをデザインするのは、非常に困難なのです。納得いくラインを実現させるのに3年もの歳月を要しました。もちろん、重ヘッド(約207g)も採用。重心を深く低く設定し、前作に比べ打出し角が約0・5度高く、スピン量は約200回転少なくなっています」
 
昨今、『G』や『ANSER』、『TRパター』など、送り出す商品が次々とヒットし、成長を続けている同社。昨年実績は前年に比べ、2ケタに近い伸び率を記録したということも明らかにした。そして、その成長の援護射撃ともなりうるのが、1月25日にオープンする「PING直営フィッティングスタジオ」だろう。
 
同社の直営フィッティングスタジオは、2009年7月にオークラゴルフ練習場(世田谷区)から現在の本社(北区浮間)内に移転した経緯があるが、このたび、新宿副都心にある「新宿NSビル 1F」へ新設。打席も2つに増設し、最新の解析機を装備。最先端のフィッティングを提供するという。さらに、約33坪の同施設ではクラブ、アクセサリー、バッグ、アパレルの展示及び販売も行う。北赤羽から新宿へとアクセスも向上し、土・日・祝日の営業もするというから、フィッティングを希望するファンには朗報といえるだろう。同社のジョン・K・ソルハイム社長がこう締めくくる。
 
「スタジオで販売も行うというのは世界初です。最新のツールを揃え、より多くのお客さまにPINGを理解していただける施設となっています。好立地なスタジオで、さらなるブランド認知拡大を目指します。ぜひお越しください」
 
なお、動画は発表会当日の模様を収録したもの。製品の問い合わせはピンゴルフジャパン(03~5916~1812)、フィッティングスタジオの予約・問い合わせは03~6361~1959へ。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • 10年で売上10倍のピン岡田副社長「弱点のレディスに本気です」

  • PING 2019 SPRING & SUMMER – ピンWebカタログ

  • ピンの『G410PLUS』は何がプラスされたのか?

  • 音は「トゥん。」? ピンが打音こだわった新パター『SIGMA(シグマ)2』を発表

  • PING 2018 SS – ピンゴルフWebカタログ

  • ピンG400MAXドライバーを永井プロが試打検証