• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 秋冬フィドラは、シックな色みの「アメリカ・西海岸」

    編集部
    SNSでシェアする
    2014年FWもSSに引き続き、ブランドが生まれたアメリカのカリフォルニアを意識したコレクションとなっている。ブランドのインスピレーションであるフィドラ島の雰囲気は保ちつつ、レイヤリングを楽しめる構成の中で、ゆったりとした雰囲気の多いデザインにまとまったという。また、今回のコレクションでは、展開シーズン毎に2ndテーマを設けて、様々なスタイリングを提案していくという。 一つめは、「LATE SUMMER(August)=California"SURF"」。秋に向けて気持ちも穏やかに、ゆったりとしたサーフィンスタイルのようなゴルフプレーを楽しめるようにスタイリングを提案。 次に、「FALL(September)=California"WORK"」。色も抑え目にし、表情のあるシャツと配色使いのニットアイテム、杢調の異なるジャージ素材を採用したアイテムなど、レイヤリングを楽しめるようにスタイリングを提案。 最後に、「WINTER(October)=California"CASUAL MIX"」。カジュアル感を織り交ぜたアイテムを提案。Late Summer・fallとの組み合わせもできる、Mix Styleを提案。 「LATE SUMMER」、「FALL」のおすすめは、ネルチェックのポロシャツにコーデュロイの半スボンスタイル。また、「WINTER」は、スタジャン風なアウターにコーデュロイのパンツを合わせるのがおすすめだという。 カラーは、春夏の柔らかなペールトーンを濃くし、メリハリの効いたカラー展開になっているとのこと。具体的には、カリフォルニア湾のブルー、カリフォルニア州の州花でもあるハナビシソウのイエロー、世界的観光名所でもあるゴールデンゲートブリッジを彷彿とさせるオレンジなど、その地に根付いたカラーを用いたという。その他にも吸湿発熱や保温など、気候の変化に対応可能な機能素材も取り入れたという。 なお、今回のコレクションの型数は、ウエアで60型、アクセサリーで40型(メンズ・レディス)。中心価格帯は、メンズのアウターが1万5000円、レディスは1万4000円。パンツは、メンズが1万3000円~1万4000円。レディスが1万1000円~1万2000円となる。(全て税別) なお、同社は2月にジャパンゴルフ・フェアで行われる「EVEN&楽園ゴルフ」のコラボレーションによる最新春夏ゴルフウェアのレディス・メンズファッションショーに参加予定だという。参加費は無料なので、フィドラを愛してやまないファンはぜひ足を運んでみてはいかが?  
    タグ
    フィドラ