1. スーパーストローク『FLASO』に新デザイン・新サイズが登場

スーパーストローク『FLASO』に新デザイン・新サイズが登場

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 90 Views

コンセプトも新たになった『FLASO』は、フラットデザイン(ホームベースを薄くしたような五角形デザイン)で、より握った時のフィット感が向上。グリップ上のフラットな面を大きく拡大することで、面を活かしたストロークに最適なデザインとなっている。

また、両手の間隔を狭くした合掌グリップ(右手と左手のグリップ位置の上下差をなくした)のようなグリップでも、違和感なく、ショルダーストロークをサポートする。

もちろん、スーパーストローク独自の「ノンテーパーテクノロジー」、そして「クロストラクションテクノロジー」を搭載。

「クロストラクションテクノロジー」は、グリップ表面にクロス(十字)のスリットを入れるとともに、粘着性の高いコーティングで、今まで以上に滑りを抑制。この表面加工により、従来以上に手の平に吸い付くフィーリングを醸しだし、余計なグリッププレッシャーから解放されるというモノだ。

これまでのサイズは、
■FLASO MID
 横幅=約34mm
 重量=62・5g±5g
 カラー=ホワイト/レッド
■FLASO
 横幅=約41mm
 重量=100g±5g
 カラー=ホワイト/グリーン
だったが、新たに『FLASO ULTRA』が新サイズとして登場する。

■FLASO ULTRA
 横幅=約27mm
 重量=82・5g±5g
 カラー=ホワイト/グレー

また、『FLASO MID SLIM1・0』と『MID SLIM3・0』には新カラーが追加される予定で、様々なコーディネイトが可能になる。

同社がスーパーストロークを本格的に投入してから約2年。すでに25万本を販売している。その背景には、高い機能性やサイズバリエーションなどが挙げられるが、ツアーからのトップダウン戦略が奏功している。昨年には、オデッセイ、ピン、テーラーメイド製パターの一部OEMグリップとして採用されており、ブランディングは順調だ。今年の快進撃も見逃せない。

問い合わせはスポーツティエムシーへ、03~3769~5021。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • 全英制覇のジョーダン・スピース、グリップは14本全てスーパーストローク

    • スーパーストロークに新シリーズ『PISTOL GTR』

    • 初のウレタン系クラブグリップ『CROSS COMFORT』

    • スーパーストローク『S Tech』に新色

    • ツアーでのニーズから製品化された『PISTOL GT 2.0/1.0/TOUR』

    • スピースが替えたグリップの成果