1. ツアーエッジ『CB PRO』が単品ヘッド販売

ツアーエッジ『CB PRO』が単品ヘッド販売

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 66 Views

ソールには「スリップストリームソール(特許出願中)」と名付けられた、何本ものラインが波打ったソールプレート。過去、このようなFWの市場に散見されたが、波打っているのは稀。 新構造は、芝への接触抵抗を減少させ、インパクト時のヘッドスピードの維持に貢献している。

もちろん、ツアーエッジ独自のカップフェースには素材としては高価な「15-3-3-3βチタン」を採用。比重の高いハイパースチールボディに、コンボブレージング製法で精密接合されている。結果、CT値は規定値内の最大値を示し、飛距離を追求している。

シャフトは市販品と同じ「藤倉スピーダー661(S、R)/757(S、X)」が装着されるため原価も高く、クラブ価格は8万円(税別)を予定する。

また、『CBプロFW』はヘッド単体での販売を強化。特徴的なソール、同ブランド独自の製法など、説明が必要な商材ゆえに、店とゴルファーが密接な工房流通で展開する予定だ。

また、ロフト設定も工房向き。ハイロフトで13.5度。そこから1度刻みで17.5度の5ロフトを用意。ロフトで選ぶ煩いゴルファーに最適な商材だ。

問い合わせはテイクスインクへ、045~949~8001。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • ブリヂストンスポーツと共同開発したゴルフボール、『レイグラデ ビッグ ディスタンス ボール』

    • ツアー支給モデルの『ザーマ・フライ・ティー』が10色で発売

    • AグラインドUTプロトが発売前に勝利

    • Aデザインゴルフ早くも2勝目

    • Aデザインゴルフ早くも1勝

    • Aデザインゴルフからアイアン、ウエッジ、練習器具続々!