1. 『VIVAL』シリーズにFW登場

『VIVAL』シリーズにFW登場

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 204 Views

敢えてチタンフェースを使用しなかったのには理由があるという。
「工房の方々には”チタンフェースのFWは重い弾道になりにくい”との声を頂いています。クラブに煩いゴルファーと工房さんとの間のコミュニケーションで売る商材ですから、敢えてチタン材を採用する必要は無いと判断しました」(同社・松浦眞也社長)

理由は他にもある。この『VIVAL』シリーズは、カスタム初心者でも手の届く価格設定も特長のひとつ。材料費の高いチタン材を使用せずとも、

「飛距離はチタンフェースのFWと比較しても、遜色はありません」

それならば、弾き感の強いマレージング鋼をフェースに採用した。マレージングフェースをカップフェース構造で採用した『VIVALf』は、通常よりスイートスポットも拡大し、ミ スヒット時の寛容性が高い。

形状は、3番で160cm3、5番で150cm3と、現在トレンドのぶっ飛びFWと比較して一回り小ぶり。見た目の形状もドライバーヘッド『VIVALα』を踏襲して、洋梨型を採用した。そこにも理由がある。

「パーシモン時代のクラブは、FWも含めて様々な打ち方ができましたよね。FWに限れば使用する際のライは様々で、だから様々なショットが要求されます。しかし、昨今の流行りのFWは打ち方が一通りしかイメージできないクラブが多いですね」――。

そんな悲哀が、『VIVAL F』のサイズや形状に表れている。操作性も高く、低スピン過ぎないことで、グリーン上でボールを止めることができるFWに仕上がっている。

また、フェースアングルはスクエア。工房の職人が、ゴルファーに対してフィッティングを行い、組み付けるには扱いやすい設定だ。

ヘッド単体の希望小売価格は1万8000円(税別)。ドライバーヘッド『VIVALα』がヘッド単品希望小売価格が4万5000円(税別)と、シリーズを通してカスタムクラブが高価だと先入観のあるゴルファーでも食指を伸ばすことができる価格帯だ。

問い合わせは日幸物産へ、03~3994~1033。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • perfect pro 2018 – パーフェクトプロWebカタログ

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

関連記事

  • 日幸物産 CLOZSERを徹底検証! その評価は?

  • 日幸物産 DIRETTO Limitedを永井プロが検証

  • 日幸物産から創業50周年記念『DIRETTO Limited』

  • 初中級者向け『VivalU』発売