1. ニュース
  2. メーカー

『VIVAL』シリーズにFW登場

メーカー この記事を書いた人:
 

敢えてチタンフェースを使用しなかったのには理由があるという。
「工房の方々には”チタンフェースのFWは重い弾道になりにくい”との声を頂いています。クラブに煩いゴルファーと工房さんとの間のコミュニケーションで売る商材ですから、敢えてチタン材を採用する必要は無いと判断しました」(同社・松浦眞也社長)

理由は他にもある。この『VIVAL』シリーズは、カスタム初心者でも手の届く価格設定も特長のひとつ。材料費の高いチタン材を使用せずとも、

「飛距離はチタンフェースのFWと比較しても、遜色はありません」

それならば、弾き感の強いマレージング鋼をフェースに採用した。マレージングフェースをカップフェース構造で採用した『VIVALf』は、通常よりスイートスポットも拡大し、ミ スヒット時の寛容性が高い。

形状は、3番で160cm3、5番で150cm3と、現在トレンドのぶっ飛びFWと比較して一回り小ぶり。見た目の形状もドライバーヘッド『VIVALα』を踏襲して、洋梨型を採用した。そこにも理由がある。

「パーシモン時代のクラブは、FWも含めて様々な打ち方ができましたよね。FWに限れば使用する際のライは様々で、だから様々なショットが要求されます。しかし、昨今の流行りのFWは打ち方が一通りしかイメージできないクラブが多いですね」――。

そんな悲哀が、『VIVAL F』のサイズや形状に表れている。操作性も高く、低スピン過ぎないことで、グリーン上でボールを止めることができるFWに仕上がっている。

また、フェースアングルはスクエア。工房の職人が、ゴルファーに対してフィッティングを行い、組み付けるには扱いやすい設定だ。

ヘッド単体の希望小売価格は1万8000円(税別)。ドライバーヘッド『VIVALα』がヘッド単品希望小売価格が4万5000円(税別)と、シリーズを通してカスタムクラブが高価だと先入観のあるゴルファーでも食指を伸ばすことができる価格帯だ。

問い合わせは日幸物産へ、03~3994~1033。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • チヨックス、事務所・店舗移転のお知らせ

  • 【終了しました】キャロウェイ『エピック フラッシュ』発表会LIVE配信

  • ミズノ、中藤博一氏がゴルフ事業部長を退任

  • 住友ゴム工業 川松英明執行役員スポーツ事業本部長 年頭所感

関連記事

  • 鋳造ボディの製造で冷えたら「大切!」

  • 鋳造の工程とは? ワックスツリーと鋳型の作り方

  • 日幸物産「CLOZSER」 大型ヘッドでもコンパクトな ヘッドでも対応する万能シャフト

  • チタンドライバーが出来るまで ~その① 金型ってなんだ?~

  • 日幸物産 CLOZSERを徹底検証! その評価は?

  • 日幸物産 DIRETTO Limitedを永井プロが検証