1. ニュース
  2. メーカー

巨匠タッド・モア来日で(有)アダムスと代理店契約

メーカー 編集部

「タッド・モア」と言えば、過去ダンロップと契約して日本での知名度を上げた。80年代にはセベ・バレステロスが長きに渡り「タッド・モア」のパターを愛用し、91年にはイアン・ウーズナムがマスターズを「タッド・モア」のパターで制覇した。そして、97年にタッド・モア社を設立している。

今回、日本で発売するパターは、タッド・モア氏がハンドメイドで、最終検査まで見届けて出荷するプロダクト。6アイテムがラインアップするが、すべて数量限定で、刻印入り、認定書付きのレアパターだ。

そのうち特徴的なパターが『TnT-1 C/N Short』と『TM―88W』。『TnT-1 C/N Short』は、ピン・アンサー型の短いクランクネックを『TnT-1』に装着したモデル。素材・1018ソフトカーボンスチールを使用し、伝統的なデザインは弧を描くパッティングストロークのゴルファーに最適だという。また、ネックが短いためトゥの返りを意識することなく、ボールを真っ直ぐ転がすことが可能なパターだ。

一方の『TM-88W』は、ニック・ファルドが使用してメジャータイトルを手にしたことで有名になった『TPA18』(テーラーメイド・ウイルソン製)からヒントを得て制作されたパター。トゥ側の膨らみ具合が、フォロースルーを意識することなく、ラインにヘッドが出せるパターにデザインされている。

両モデルの共通点が。ツーピースネックと特許であるフェースの「ウォッシュボードミーリング」。ウォッシュボードは洗濯板という意味で、フェースに加工されたミーリング。ボールにはディンプルがあり、インパクト時にディンプルの角や凹みなど、当たる場所によってボールの転がりは一定でないという。それを補正するのが、「ウォッシュボードミーリング」の役割。打ち出しがストローク通りに実現できるフェースということだ。

タッド・モア氏は、アラバマ州サルマの工房で1本1本パターを制作している。そのため、生産キャパは月100本が限界で、今回発売されるモデルも全て限定数量販売。日本での販売は年間500本が目標。レアパターとなるのは間違いない。

問い合わせは(有)アダムスへ、03~3833~9002。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • SRIXON X2×JPDA「飛び」のタッグ誕生の理由

  • 特別な「コードカオス」が登場!“2020”足限定で

  • シーモアのナッシュビルスタジオシリーズより「Z1s」が新登場

  • 「RM」がUSPGAツアーでの実績を積んで満を持して登場

  • 2本のアライメントスティックと組み合わせるスイング練習器『ダイヤスイングアライメント』

  • ソナテックが再上陸か?ウエッジヘッドを上市するアドラージャパン