1. 巨匠タッド・モア来日で(有)アダムスと代理店契約

巨匠タッド・モア来日で(有)アダムスと代理店契約

メーカー
この記事は約 3 分で読めます。 72 Views

「タッド・モア」と言えば、過去ダンロップと契約して日本での知名度を上げた。80年代にはセベ・バレステロスが長きに渡り「タッド・モア」のパターを愛用し、91年にはイアン・ウーズナムがマスターズを「タッド・モア」のパターで制覇した。そして、97年にタッド・モア社を設立している。

今回、日本で発売するパターは、タッド・モア氏がハンドメイドで、最終検査まで見届けて出荷するプロダクト。6アイテムがラインアップするが、すべて数量限定で、刻印入り、認定書付きのレアパターだ。

そのうち特徴的なパターが『TnT-1 C/N Short』と『TM―88W』。『TnT-1 C/N Short』は、ピン・アンサー型の短いクランクネックを『TnT-1』に装着したモデル。素材・1018ソフトカーボンスチールを使用し、伝統的なデザインは弧を描くパッティングストロークのゴルファーに最適だという。また、ネックが短いためトゥの返りを意識することなく、ボールを真っ直ぐ転がすことが可能なパターだ。

一方の『TM-88W』は、ニック・ファルドが使用してメジャータイトルを手にしたことで有名になった『TPA18』(テーラーメイド・ウイルソン製)からヒントを得て制作されたパター。トゥ側の膨らみ具合が、フォロースルーを意識することなく、ラインにヘッドが出せるパターにデザインされている。

両モデルの共通点が。ツーピースネックと特許であるフェースの「ウォッシュボードミーリング」。ウォッシュボードは洗濯板という意味で、フェースに加工されたミーリング。ボールにはディンプルがあり、インパクト時にディンプルの角や凹みなど、当たる場所によってボールの転がりは一定でないという。それを補正するのが、「ウォッシュボードミーリング」の役割。打ち出しがストローク通りに実現できるフェースということだ。

タッド・モア氏は、アラバマ州サルマの工房で1本1本パターを制作している。そのため、生産キャパは月100本が限界で、今回発売されるモデルも全て限定数量販売。日本での販売は年間500本が目標。レアパターとなるのは間違いない。

問い合わせは(有)アダムスへ、03~3833~9002。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • かつての名声がオリマーのパターに蘇る