1. ニュース
  2. メーカー

『ボーケイSM5』3月中旬発売

メーカー この記事を書いた人:
 

小ぶりなヘッド形状で、短めの売れ-度にトゥ側からのトップライン、ネックにかけて丸みを持たせたティアドロップ形状を採用。これまでのツアークローム仕上げに加え、ゴールドニッケル仕上げのウエッジも登場する。

また、ソール形状もロフト角、バウンス角によって5つのグラインド(F、S、M、T、K)を採用した。

ロフト/バウンスで、46/08、48/08、50/12、52/12、56/14はFグラインド。スクエアに構えやすく、バウンスの効果を最大限に発揮できるソール。ボーケイの歴史の中で初期から採用されている。

56/10、56/14はSグラインド。トレーディングエッジとヒールを削り落としており、オープンにも構えやすく多彩なショットを可能とする。

54/10、56/10、58/08はMグラインド。トゥからヒールにかけてのグラインドにより、オープンにも構えやすく、ソール前部の幅が広いため、スクエアにも構えやすい。多くのツアープロが愛用する形状だという。 

62/08はTグラインド。ロブショットや芝の薄いベアグランドからのショットに多用するため、ソール後方が大きくグラインドされている。

最後が58/11、60/11のKグラインド。ソール幅が最も広く、バンカーなどで効果を発揮。バウンスを活用してショットするゴルファーには最適なグラインドだとか。

問い合わせはアクシネットジャパンへ、0120~935~325。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • チヨックス、事務所・店舗移転のお知らせ

  • 【終了しました】キャロウェイ『エピック フラッシュ』発表会LIVE配信

  • ミズノ、中藤博一氏がゴルフ事業部長を退任

  • 住友ゴム工業 川松英明執行役員スポーツ事業本部長 年頭所感

関連記事

  • 9月28日発売 タイトリストTS2・TS3ドライバーを徹底解説

  • NEW タイトリスト プロV1・V1xが2月デビュー

  • 上級者モデル秋の陣はタイトリスト 917が台風の目

  • アクシネット ジャパン インク タイトリスト VOKEY DESIGN SM6

  • 大幅なイメチェンで新生『VG3』を訴求

  • なぜ強い!?『タイトリスト・ボーケイ』ウエッジを有力専門店が分析