• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 今季も『Z-STAR』がロケットスタート!

    編集部
    SNSでシェアする
    『スリクソン Z-STAR』は、昨年の日本男子、日本女子の両ツアーにおいて、男子が23戦中10勝の勝率42%、女子が36戦中15勝の勝率42%を記録、男女ともに勝率NO.1に輝いた。特に、松山英樹選手と森田理香子選手がともに勝負球に使用、W賞金王に輝く活躍を見せたことは記憶に新しい。昨年の勢いが、そのまま今季初戦に表れたといえるだろう。 気になる『スリクソン Z-STAR』の使用率は、32.40%。出場選手の3人に1人が大切な初戦の勝負球に選んだことになる。また、勝利こそ逃したものの、2位タイと健闘した森田理香子選手をはじめ、イ・ボミ選手(7位)や金田久美子選手(12位)が上位フィニッシュ、改めて製品の優位性を示す格好となった。 さらに、海の向こうでは欧州女子ツアーと中国女子ツアー共催の「ミッションヒルズ・ワールド・レディス・チャンピオンシップ」で、ダンロップスポーツ契約の朴仁妃選手が『スリクソン Z-STAR』を使用して今季初優勝も果たしている。ちなみに、朴選手は昨年、『ゼクシオ セブン』ドライバーを使用して2年連続でLPGA賞金女王に輝いたが、今年から『ゼクシオ エイト』にスイッチ、パフォーマンスをさらに上げて、3年連続の賞金女王を狙っている。 ダイキンオーキッドレディスでは、『クリーブランドウエッジ』も使用率19.60%でトップを記録した。5人に1人が同社製ウエッジを武器に初戦へ臨んだことになる。国内女子ツアーではここ数年、クリーブランド人気が高い。このプレゼンスの高さが市場にも好影響を与え、昨年7月にはウエッジ専門モデルの数量シェアでトップ(GfKジャパン調べ)も記録した。今後女子ツアーの使用率によっては、さらなるシェアアップも期待できるだろう。
    タグ
    ダンロップスポーツ
    クリーブランドウエッジ
    スリクソン Z-STAR