1. ニュース
  2. メーカー

視覚効果で正確なパッティングを

メーカー 編集部

同パターの最大の特徴はなんといっても、「I‐Look」テクノロジーを搭載していること。これは、目で見て正確なパッティングストロークのためのアドレスが分かる機能で、前モデルよりもさらに進化。視認性が高まり、より安定したストロークを可能にしたという。
 
実際にアドレスしヘッドを見ると、ヘッド上部に施された直線状の穴から白か黒のラインが見えるようになっている。すべて黒く見える状態が正しいセットアップ。インサイドやアウトサイドに白いラインが見えたら、ヘッドが上手く目の真下にセットできていないというワケ。
 
さらに、フェースインサートには、やわらかいウレタンフェースを採用。これは、心地よい打球音と打感を実現するためのこだわり。ヘッド形状は特徴のあるネオマレット型4機種をラインアップ。各モデルそれぞれロフト3度、ライ角71度、クラブ長さは34インチという仕様になっている。
 
ターゲットに対して常に正確なポジションでセットアップできれば、それだけカップインする確率が上がることは自明の理。パッティングに悩んでいるゴルファー、スコアアップに燃えるすべてのゴルファーにオススメの商材といえるだろう。
 
問い合わせはキャスコへ、0120~371~562。画像は『MODEL1』。
 
※文中の価格表記は「税抜き」です。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • キャグ、事務所移転のお知らせ

  • 五浦庭園カントリークラブ、中島篤志氏が代表取締役会長に就任

  • 東松苑ゴルフ倶楽部、中島篤志氏が代表取締役会長に就任

  • UKKインダストリー株式会社、清水定次代表取締役社長が逝去

関連記事

  • キャスコ、役員選任のお知らせ

  • キャスコ、役員選任のお知らせ

  • Kasco 2018 – キャスコWebカタログ

  • 「開発に4年!」杜仲茶のボールを開発したキャスコ高橋社長の意気込み

  • キャスコが産学共同開発 杜仲茶の原料で作ったボール『BIO SPIN -TOCHU-』を発表

  • Wilson Staff 2017 – ウィルソンスタッフWebカタログ