1. ゴルフライフを丸ごとカバーする「アドミラルゴルフ」

ゴルフライフを丸ごとカバーする「アドミラルゴルフ」

メーカー
この記事は約 3 分で読めます。 226 Views

2014年にブランド100周年を迎えた同ブランドは、SSより”ブランド誕生から100年のルーツをたどる”をテーマに展開。AWでも同様のテーマで、ブリティッシュテイストのコレクションを「パフォーマンス」、「トラディッショナル」、「コンフォート」の3つのラインに分け、ラインアップする。

「トラディッショナルライン」はいわゆる定番で、約半数を占める。コーディネイトを意識した商品展開がポイントで、今シーズンは防寒を意識した軽くて薄い新素材や、ボトムスにすべてストレッチ性と保温性のある素材を使用しているのが特徴。デザインはサッカーやカレッジからのインスピレーションを取り入れたブリティッシュスタイルが目立つ。

また今回新設となった「パフォーマンスライン」はいわゆるプロライン。同社契約の小平智プロと共に開発しているラインアップで、SSでは「ブラックライン」として展開していたものがこれにあたる。全体の3割程度の型数となる予定だ。このラインについて、同ブランドデザイナーの多田和久氏は次のようにコメントしている。

「小平プロからは素材など大きな信頼を頂いていますが、ポケットの配置やファスナーの位置、プリントか刺繍かなど細かな意見を出してもらっています。プロも着用するウエアですから、インタビュー時に画面に映るエリアへのロゴの置き方などには工夫しています。また防寒素材でも、四方へのストレッチ性の高い素材を使用するなど、プロの声を反映している点がこのラインの特徴です」

これまで「ファッションライン」としてカジュアル性を押し出して展開していたラインアップは今回から「コンフォートライン」に生まれ変わる。タウンカジュアルを意識しながらも、動きやすさも重視。ゴルフ場の往復や練習場での着用をイメージしてデザインされている。「アドミラルゴルフ」でゴルフライフをトータルコーディネイトできるようになったというワケ。

そのほか、同社が得意とするキャディバッグは、100周年記念モデルのほかに、メンズライクなキルティングシリーズやアパレルと連動したスポーティシリーズなど魅力的な商品が多数取り揃えられた。特に魅力的なのは革に見えるPUの合成皮革キャディバッグ。手入れが容易な点に加え、高級感も併せ持つ。さらにヘッドカバーと合わせて取り入れることも可能だとか。

「アドミラルゴルフ」では打ち出したい世界観を表現できる売り場を優先しており、展開店舗数に変動はなく150ほど。引き続き、店舗拡大よりも1つの店舗との連携を深める点に重きを置き、売上拡大を目指している。

競合ブランドが乱立する中、同ブランドは独自の世界観で魅力を表現しており、今後の展開がますます楽しみだ。

問い合わせは、ヤマニへ、03~5806~8056。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ジュピターゴルフネットワーク、役員選任のお知らせ

  • 日本ゴルフ協会、役員選任のお知らせ

  • 藤倉ゴム、役員選任のお知らせ

  • グローブライド、役員人事に関するお知らせ

関連記事

  • パッティング技術が向上するパターグリップ登場!

  • 「サイコバニー」ゴルフグッズデビュー、注目製品も続々

  • ワンストラップで楽々担げるキャディバッグ登場、アドミラルG

  • アドミラル2012FW発表