• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • タイトリストTPIレベル2開催で東京五輪を視野に

    編集部
    SNSでシェアする
    米PGA、LPGAのティーチングプロなどにとって、その理論修得と認定取得が付加価値になっている資格。そのため、米国を始め、欧州、アジアなどでセミナーが実施され、多くの認定インストラクターを輩出している。今回は、基礎となる[レベル1]で70名、[レベル2・ジュニアコーチ]で47名が受講している。 今回、日本で初となる[レベル2・ジュニアコーチ]のセミナー開催は、[レベル1]の認定者のみが受講可能となっている。さらに、[レベル2]には、メディカル、フィットネスなど6カテゴリーから構成されるが、その中で[ジュニアコーチ]セミナーの開催は、2020年の東京五輪を見据えてのことだという。 「日本のジュニアゴルファーは、早熟で10代で世界を制するゴルファーも多い。しかし、技術中心とした指導が多く、フィジカルのトレーニング方法を知らないジュニアゴルファーが多い。それが青年期における圧倒的なレベルの差として、メジャートーナメントなどで差がでてくる。そこで、6年後の東京五輪を見据えた時、まずは[ジュニアコーチ]のセミナーを開催しようということになったのです」(アクシネット) 現在TPI資格取得者は欧米を中心に拡大しているが、沸騰しているのがアジア諸国。年間38週にわたり、世界59カ国のいずれかでセミナーが開催されており、毎年[レベル1]資格認定者は約1500人程度増加している。米国では、PGAやLPGAと協力体制を築いており、稼げる資格としての認知度も高い。日本でも協会などとの連携も視野に入れながら、インストラクションの包括的なレベル向上を目指していく構えだ。
    タグ
    タイトリスト
    東京五輪