• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 飛距離と方向性を兼ね備えたリコイルアイアンシャフト登場

    編集部
    SNSでシェアする
    同製品の特徴は、USTMamiya独自のカーボン積層テクノロジーを採用した点だ。この精巧なリコイルテクノロジーにより、飛距離やコントロール性能、ピンをデッドに狙えるシャフトに仕上がったという。 また、シャフトのしなりはもちろん、つぶれ戻りの最適化を生み出すことにも成功。スチールシャフトからのリシャフトでも、「リコイル」の最適なバランスポイントにより、スムーズに移行することが可能だという。 さらに、コスメティックは、高級感とアグレッシブさを象徴するイオンプレーティング加工を施したとのこと。 ラインアップは、68gと71gの『リコイル660』95gの『リコイル95』、110gの『リコイル110』の3モデル。フレックスは、重量帯によって変わってくるが、F2(R)~F5(X)を用意。キックポイントは、『リコイル660』が先中調子、『リコイル95』『リコイル110』が中調子となる。 昨今は、プロの世界でも、スチールからカーボンにリシャフトする需要が増えるなど、アイアンのカーボンシャフトが注目を集めている。カーボンは「軽くて頼りない」というイメージを持っているゴルファーは、是非一度リコイルアイアンシャフトを試してみてはいかが? 問い合わせはシャフトラボへ、03~6278~7910。
    タグ
    シャフトラボ