1. ツアーから生まれた『Aグラインドハイブリッド』

ツアーから生まれた『Aグラインドハイブリッド』

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 98 Views

Aデザインゴルフは、赤穂氏がツアーの現場でプロからの要望を集約して開発したクラブや練習器具をメインに企画販売するが、第一弾はアイアン型のハイブリッド。

ツアープロの契約は大手クラブメーカーを中心に激動の時代を迎えている。そのような中、メーカー主導のモノ造りと使用するプロの感覚が合致しないことも発生している。その中で、プロの意見を忠実に反映したモノ造りがAデザインゴルフの最大の特長だ。

『Aグラインドハイブリッド』は、アイアン型のハイブリッドクラブで、ウッド型ハイブリッドとアイアンの間をつなぐクラブ。素材にSUS431を採用し、製造は2ピース精密鋳造を採用してアイアンに近い形状。ややシャローな形状で、ボールを拾いやすいイメージを醸し出している。内部構造は中空で、最適な肉厚設定を施すことで、上級者好みに力強い打感と、強弾道を実現している。

使用している小田龍一プロによると、「柔らかい打感とシンプルな形状は僕の好きな形です。そして、何よりも飛びすぎないという点がいいと思います。飛距離が安定していることは、スコアメイクに直結しますし、安心してクラブを使うことができます。また、クラフトマンが試打テストの時もチェックしながらカスタマイズしてくれますから、メーカーとしての信頼感は抜群ですね」、と絶賛。ツアー現場での迅速丁寧な対応も、Aデザインゴルフの特徴だ。

商品はヘッドパーツとして工房を中心に供給され、価格はヘッド単体で2万円。ロフトは#2=18度、#3=20.5度、#4=23度、#5=25.5度。

問い合わせは販売代理店テイクスインクへ、045~949~80001。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • ブリヂストンスポーツと共同開発したゴルフボール、『レイグラデ ビッグ ディスタンス ボール』

    • ツアー支給モデルの『ザーマ・フライ・ティー』が10色で発売

    • AグラインドUTプロトが発売前に勝利

    • Aデザインゴルフ早くも2勝目

    • Aデザインゴルフ早くも1勝

    • Aデザインゴルフからアイアン、ウエッジ、練習器具続々!