1. ニュース
  2. メーカー

14年秋、パーリーゲイツは品のあるクラシックスタイル

メーカー 編集部

2014年秋、「パーリーゲイツ」のテーマは、「チェックメイト」。今回のコレクションについて同社は次のように述べている。

「今秋は、様々な種類のチェック柄を取り入れた幅広い着こなしができるスタイルが特徴です。メインの柄は、クラシックなイメージであるブラックウォッチチェック柄を採用しております」

今シーズンのアイテムについても8~10月の間で月ごとに柄やデザインを変えているのが特徴だ。

8月は、ベーシックな無地ポロシャツの他にポップコーン柄のウエアを展開するなど遊び心を加えたスタイルを展開。

9月は、ブラックウォッチチェック柄やマドラスチェック柄などを取り入れたシックなイメージを表現したデザインが特徴。特に注目されるスタイリングとしては、上下でチェック柄を組み合わせ、明るめのカラーを取り入れたシューズ、ベルト、キャップなどの小物でアクセントを付けたスタイルだという。また、25周年企画として、黒猫をモチーフにした「フィリックス・ザ・キャット」とコラボレーションしたポロシャツやパンツ、アウターなどもおすすめだという。

10月は、オンとオフ両方で着こなせるブラックウォッチチェック柄のモヘアニットや防寒を意識したアウターやパンツなどを展開していく模様。

一方、「マスターバニーエディション」のテーマは、「ツイステッド アーリー シックスティーズ」。現代と60年代前半とのトレンドをツイスト(捻る、撚る)したファッションの提案をしていくという。

小紋柄、変形千鳥柄、レトロモチーフ柄、イチョウ柄などを取り入れて、レトロな雰囲気を全面に押し出したデザインが特徴だという。また、従来通り美しいうえに機能的であることが重視されており、「パーテックス」を使用した防風性や撥水性を兼ね備えたウインドブレーカーやショルダー部分にストレッチ素材が入っている動きやすいダウンジャケットなども取り揃える。

また、新しい試みとしては、最新のアウトソール設計と袋式アッパーの融合により生まれた軽量で剛性に富んだシューズをラインアップに加えた点だ。同ゴルフシューズは、ファッション性と足に不要なストレスを与えないフィット性を実現したシューズに仕上がっているという。

今年で25周年目を迎えた「パーリーゲイツ」は、顧客を飽きさせない斬新なアイディアで、幅広い年齢層のゴルファーから支持されるブランドである。今後も他のアパレルブランドとは一線を画す「創造性」で注目を集めていくに違いない。

問い合わせはTSIグルーヴアンドスポーツへ、03~6748~0392。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アルペン、人事異動のお知らせ

  • キャスコ、東京本社事務所移転のお知らせ

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

関連記事

  • 池田勇太もMBEでプロシャツ姿をお披露目

  • 15年春、パーリーゲイツは流行の「迷彩柄」

  • 14年冬、パーリーゲイツはレオパード&ミリタリー

  • 14年冬、マスターバニーは60年代風レトロ

  • 夏のレジャースポーツを意識!ジャックバニー2014SS

  • お洒落を楽しむコンペ!『ENJOY STYLE PEARLY GATES CUP』