1. ニュース
  2. メーカー

ニューエッグ飛び対決で勝率81.8%!

メーカー 編集部

目標参加数は525人を掲げたが、結果は531人と目標を達成。各会場には横浜ゴム、プロギア両社のスタッフ44名が分散して対応している。

その「飛び対決」で「egg」シリーズの勝率は81.8%。ドライバーだけではなく、番手毎で対決した結果となっている。

同社主宰の試打会は年間700回程度。1回当たり平均の参加者は35名で、年間約2万4500人のデータを集計して分析することで、クラブ設計の基礎データとして活用している。

「egg」シリーズは、伝統的な形状や設計数値を度外視した飛距離特化型のアイテム。そのため、ゴルファーそれぞれの飛ばしたいシーンにあわせて、セットで提案するのではなく飛距離がでないクラブだけ単品の「egg」も推奨している。81.8%の勝率の「egg」。飛距離に悩むゴルファーのお助けアイテムとして盤石なポジションを築いている。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アルペン、人事異動のお知らせ

  • キャスコ、東京本社事務所移転のお知らせ

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

関連記事

  • プロギア、人事異動のお知らせ

  • 横浜ゴム、日比野公良理事がプロギア代表取締役社長に就任

  • 非常識のデパートPRGR『egg』 短尺が合うゴルファーを動画で解説

  • ギリギリ第3弾、プロギア新RSドライバーはなぜ飛んで曲がらないのか?

  • 日本に2台だけ!PRGR(プロギア)のサイエンスフィットが凄すぎる

  • 「高反発祭り」に迷いなし! この道を突き進むプロギアのスマイル作戦