1. ニュース
  2. メーカー

ミズノ契約、手嶋多一が7年ぶりの優勝

メーカー 編集部

初日は5位タイ、2日目に4アンダーで3位タイにジャンプアップすると、3日目は3アンダーで首位に。最終日は4バーディー3ボギーの71で首位を守りきり、7年ぶり通算7勝目の語呂の良い勝利となった。

その勝利を支えたのが、契約先であるミズノのクラブ。手嶋は次のようにコメントしている。

「コースレート77.4という超難関コースでしたが、信頼するミズノのクラブと二人三脚で2001年以来となる2度目のメジャータイトルを手にすることができて本当に嬉しいです。若手の台頭が目立つツアーの中で、我々ベテラン勢も『まだまだやれる!』というところをお見せすることが出来ました。翌年からの5年シードを獲得できましたので大会連覇はもちろん、さらなるビッグタイトルを目指して頑張りたいと思います。これからも応援のほどよろしくお願いします」――。

文字通り二人三脚の関係といえる。同社のプロ契約は基本的には短期的なモノではなく「ゆりかごから墓場まで」と、長期にわたりプロをサポートしている。そのプロ戦略が奏功した例で、だから「信頼するミズノのクラブで」という台詞にも頷ける。

その信頼する使用クラブは以下の通り。
■ドライバー:MPクラフト513(9.5度)
■FW:ホットメタル F135(3W、13.5度)、ワールドマスター(18.5度)
■アイアン:MP54(#4~9、PW)
■ウエッジ:MP-T11(54度、60度)


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アルペン、人事異動のお知らせ

  • キャスコ、東京本社事務所移転のお知らせ

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

関連記事

  • ゴルフシューズ「WIDE STYLE」シリーズ3モデル発売

  • ミズノ 世界戦略モデル『ST200X』『ST200』ドライバー、『JPX200X』アイアン

  • 最年少現役高校生プロ、西郷真央がミズノと契約

  • ミズノ、組織一部変更と人事異動のお知らせ

  • ミズノ、人事異動のお知らせ

  • 日本のゴルファー向けのやさしさと禁断のβチタンを採用した Mizuno Pro MODEL-E/S