• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • アディダスG&アシュワース2014FW内覧会を開催

    編集部
    SNSでシェアする
    5年目を迎えるアシュワースは、昨年から俳優の椎名桔平をブランドのアンバサダーに起用、ラインアップや価格帯を大幅に見直した結果、売上は前年比120%を達成。また、アディダスゴルフの2014SSも昨年実績を確保するなど意気軒高だ。 まずは3つのラインをそろえたアディダスゴルフから。スリーストライプをモチーフに機能性を重視した「CORE」は、ドット柄や千鳥柄を採用し、幅広い層へ訴求。寒暖の差が激しい9~10月のプレーにも対応し、吸湿発熱素材を使用したシャツを用意。人気が回復している長袖ポロも豊富なラインアップを見せる。 40歳代でも安心して着られるカジュアル系「Street」は、ベーシック柄のほかトレンドの雪柄を採用し、リバーシブルパンツなど遊び心溢れるテイストだ。直営店主体のプレミアムライン「adipure」は、キルト柄やカモフラージュ、レンガ色などを取りいれ、落ち着きのある素朴な温かみを演出した。 一方、アシュワースの注目アイテムは、表裏で色や柄、素材を変えたリバーシブルのセーターとハイテンションパンツ。4方向に伸びるストレッチ素材を採用し、あらゆる方向に伸縮するため、スイング中はもちろん、歩行時にもストレスを感じさせないとか。部分的に加えた陰影も特筆され、上部はサイドのシャドーで足を細く見せ、裾にかけて柄を小さくすることで足を長くみせる効果が期待できるという。 取扱店舗数は、2011年比で約6倍の400店にまで拡大したアシュワース。100億円ビジネスに向けて着実に地歩を固めつつあるようだ。 なお、動画ニュースでは『アシュワース2014FW展示会』のもよう及びポイントをソフトグッズプロダクトの土田祐三バイスプレジデントに聞いた。
    タグ
    アディダス
    アシュワーズ