1. キャスコの新作『TARO』の飛びはウルトラ級?

キャスコの新作『TARO』の飛びはウルトラ級?

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 70 Views

この新ブランドは、タローという名前が示す通り、ジャパンデザインをコンセプトとし、日本美の粋を表現したニューモデル。ソール部には毘沙門亀甲柄の小紋デザインを採用、家紋のようなサウンドコントロールバッジを搭載するなど、細部まで繊細さにこだわりジャパンコンセプトを表現。

フェース素材に採用された「鍛造スーパーハイテン」は、スペースシャトルなどに使用される航空宇宙用の高抗張力鋼をベースに、同社が独自で開発した素材。強く、硬く、適度な靱性を兼ね備えているので、ヘッド設計の自由度がアップ。球離れが速く、優れた反発性能を発揮するという。さらに、ヘッド設計の自由度が向上したことで、世界初となる肉薄ツインクラウンを採用した「6ピース構造」を実現(同社調べ)。クラウン部の最薄部は0・35mmというから驚きだ。

また、同素材は一般的なチタン合金との比重差が約2倍あるため、重量をフェース面に持たせることが可能だ。その結果、浅重心化を実現し、低スピンで力強い推進力を発揮。まさにウルトラ級の飛びを実現してくれるモデルに仕上がったという。

ちなみに、同ドライバーは9度、10・5度の2タイプのロフトを用意。オリジナルシャフト装着モデル(フレックスR、Sの2タイプ)は、1本8万8000円。斬新なイエローをヘッドカラーに採用した、初回限定スペックのプレミアムバージョンも同じ価格となる。異なるのは、ハードヒッター向けにシャフトラボと共同開発した『ATTAS×TARO』専用シャフト装着モデル。こちらは、1本9万8000円となる。

同FWは、オリジナルシャフト装着モデルが1本4万円。『ATTAS×TARO』仕様が1本5万円となる。ラインアップは3W(15度)、5W(18度)の2種類となる。

問い合わせはキャスコへ、0120~371~562。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • 「開発に4年!」杜仲茶のボールを開発したキャスコ高橋社長の意気込み

    • キャスコが産学共同開発 杜仲茶の原料で作ったボール『BIO SPIN -TOCHU-』を発表

    • Kasco 2017 SS – キャスコWebカタログ

    • キャスコ2017SSの新製品続々

    • 贈答用に最適、『キラクレノ』の紅白干支ボール

    • 3拍子揃ったウイルソンベアのボール