1. 今季3度目の1位を獲得した『Z‐STAR』

今季3度目の1位を獲得した『Z‐STAR』

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 198 Views

同社が『Z‐STAR』のプロへの供給を開始したのが2010年、使用率は20%弱だった。『タイトリスト・プロV1』の牙城を崩せず、苦労していたのだ。

しかし、同社は今季、新たなに23名の選手とボール使用契約を結びトップ奪取を図った。そして、悲願は5月に訪れた。「中日クラウンズ」で『プロV1』を抑えて国内男子使用率1位をもぎ取ったのだ。ただ、その後も『プロV1』との一騎打ちは続く。使用率NO.1が命題の両社だけに激しい鍔迫り合いが展開されたが、お膝元の試合で再び『スリクソン Z-STAR』がトップへ返り咲いた格好だ。

「ダンロップ・スリクソン福島オープン」での『スリクソン Z-STAR』の使用率は39・7%。「中日クラウンズ」の42・6%から若干数字を落している。それだけ『プロV1』とのシェア争いが熾烈になっているという証だ。

「多くのプロから製品評価を頂いた結果と受け止めておりますし、ボールはクラブほど頻繁に変えないので、この数字は今季を通じて維持できると考えています」(安達利也広報部長)

と自信を示すが、タイトリストも巻き返しに血道を上げる。今後も上位争いは苛烈を極めるだろう。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • perfect pro 2018 – パーフェクトプロWebカタログ

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

関連記事

  • 写真で振り返る新製品発表会 ダンロップスポーツ「ゼクシオ10」

  • 住友ゴム工業、役員異動のお知らせ

  • アーニー・エルスがゼクシオのブランド大使に就任

  • 住友ゴム工業 川松英明スポーツ事業本部長 年頭所感

  • ゴルフ5で横峯さくらがゼクシオ10のトークショー

  • 【検証】ダンロップのシャフトフィッティングでスライス癖は直せるのか