1. ニュース
  2. メーカー

今季3度目の1位を獲得した『Z‐STAR』

メーカー この記事を書いた人:
 

同社が『Z‐STAR』のプロへの供給を開始したのが2010年、使用率は20%弱だった。『タイトリスト・プロV1』の牙城を崩せず、苦労していたのだ。

しかし、同社は今季、新たなに23名の選手とボール使用契約を結びトップ奪取を図った。そして、悲願は5月に訪れた。「中日クラウンズ」で『プロV1』を抑えて国内男子使用率1位をもぎ取ったのだ。ただ、その後も『プロV1』との一騎打ちは続く。使用率NO.1が命題の両社だけに激しい鍔迫り合いが展開されたが、お膝元の試合で再び『スリクソン Z-STAR』がトップへ返り咲いた格好だ。

「ダンロップ・スリクソン福島オープン」での『スリクソン Z-STAR』の使用率は39・7%。「中日クラウンズ」の42・6%から若干数字を落している。それだけ『プロV1』とのシェア争いが熾烈になっているという証だ。

「多くのプロから製品評価を頂いた結果と受け止めておりますし、ボールはクラブほど頻繁に変えないので、この数字は今季を通じて維持できると考えています」(安達利也広報部長)

と自信を示すが、タイトリストも巻き返しに血道を上げる。今後も上位争いは苛烈を極めるだろう。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • チヨックス、事務所・店舗移転のお知らせ

  • 【終了しました】キャロウェイ『エピック フラッシュ』発表会LIVE配信

  • ミズノ、中藤博一氏がゴルフ事業部長を退任

  • 住友ゴム工業 川松英明執行役員スポーツ事業本部長 年頭所感

関連記事

  • 住友ゴム工業 川松英明執行役員スポーツ事業本部長 年頭所感

  • 普通のゴルファーが「日本代表」になれる!ワールド・アマチュア・ゴルファーズ選手権

  • カギは新素材!NEW『スリクソン Z-STARシリーズ』を詳しく解説

  • もちっと止まる「もち肌ボール」 畑岡奈紗も納得のNEW『スリクソン Z-STAR』

  • YouTubeで人気のプロが『スリクソン Zシリーズ』を試打!分かりやすい解説付き

  • ゼロ スリクソンで開発一新 ゼクシオとの切り分け術を動画説明