• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 今季3度目の1位を獲得した『Z‐STAR』

    編集部
    SNSでシェアする
    同社が『Z‐STAR』のプロへの供給を開始したのが2010年、使用率は20%弱だった。『タイトリスト・プロV1』の牙城を崩せず、苦労していたのだ。 しかし、同社は今季、新たなに23名の選手とボール使用契約を結びトップ奪取を図った。そして、悲願は5月に訪れた。「中日クラウンズ」で『プロV1』を抑えて国内男子使用率1位をもぎ取ったのだ。ただ、その後も『プロV1』との一騎打ちは続く。使用率NO.1が命題の両社だけに激しい鍔迫り合いが展開されたが、お膝元の試合で再び『スリクソン Z-STAR』がトップへ返り咲いた格好だ。 「ダンロップ・スリクソン福島オープン」での『スリクソン Z-STAR』の使用率は39・7%。「中日クラウンズ」の42・6%から若干数字を落している。それだけ『プロV1』とのシェア争いが熾烈になっているという証だ。 「多くのプロから製品評価を頂いた結果と受け止めておりますし、ボールはクラブほど頻繁に変えないので、この数字は今季を通じて維持できると考えています」(安達利也広報部長) と自信を示すが、タイトリストも巻き返しに血道を上げる。今後も上位争いは苛烈を極めるだろう。
    タグ
    ダンロップ
    プロ
    使用率