• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 14年冬、マスターバニーは60年代風レトロ

    編集部
    SNSでシェアする
    2014年冬、「マスターバニーエディション」のテーマは、「レトロクラシックオブ60's」。今シーズンは、ファッション業界でも注目されている「1960年代ファッション」を随所に取り入れたスタイルを提案。小紋柄、フラワー柄、ジオメトリック柄、マルチボーダーなどを取り入れた、レトロでクラシックなデザインにしたのが特徴。 商品アイテムとしては、販売時期が11月と12月になることから、保温素材のニットブルゾンや機能性にこだわった中綿パンツなど、防寒アイテムが中心となる。特に、東レの「3DeFX」を採用した中綿パンツがオススメだとか。「3DeFX」は、ストレッチ性をキープしながら軽量かつボリューム感があり、圧縮回復弾性を実現。保温性に優れた三次元ストレッチ中綿とストレッチ生地を融合したものだという。「勝ちたい気持ちを作る服」がコンセプトの同ブランドは、従来通り美しいうえに機能的であることが重視されているといえる。 また、保温性のあるニットブルゾンは、シルバーやゴールドなどのメタリックカラーを採用し、華やかで上品な雰囲気に仕上げたという。さらに、「プラダ」など多くの一流メゾンから支持されている、リモンタ社製の生地を使用したツイードのキャディバッグやボストンバッグ、シューズケース、ヘッドカバーなども新たに展開していくという。 その他にも今シーズンのテーマに基づき、レディスのパンツスイタルを強く打ち出していく模様。タックとダーツを取り入れたストレッチパンツ、綿とストレッチ素材を使用したレギュラーストレート型パンツ、ヘリンボーンパンツ、花柄パンツなど、機能美を追求し、トレンドファッションをミックスしたパンツスタイルを提案していくという。 来年で5周年を迎える「マスターバニーエディション」は、企画段階ながら、記念アイテムや記念イベントなども検討しており、今まで以上に訴求力を高めていくという。
    タグ
    サンエー
    パーリーゲイツ