• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • アスリートも使える、黒のマジェスティ

    編集部
    SNSでシェアする
    その名の通り、ブラック仕上げの精悍な同シリーズは、多くのゴルファーが抱く、「ゴールドで、お金持ちのシニア向けクラブ」というイメージを一変させる、強くて若々しく、洗練された雰囲気を醸し出したモデル。MJには、今回のロイヤルシリーズのほか、最高峰の「プレステジオ」、そして「ヴァンキッシュ」と続くが、今回発売される「ロイヤル」はMJの魅力、性能の高さをより多くのゴルファーに体感してもらいたいという思いを込めた位置づけのシリーズ。 特に注目したいのは、ドライバー。同ドライバーは、今年4月に発売されたシリーズ最高峰の『プレステジオⅧ(ジ・エイス)』に採用された「スパイダーウェブ構造」を、フェースの裏面構造として同様に搭載。さらに、ヘッドフォルムから、打球音、レーザーデザインフェースに至るまで、最高峰モデルの技術、製法などを惜しみなく注ぎ込んだという。MJの魅力を知るには、十分なスペックといえるだろう。 また、面白いのが、同ドライバーのロフト、フレックスは従来の画一的な展開を覆す、新しい提案で構成されていること。多くのアベレージゴルファーを対象にした10・5度に対して、9・5度は重心位置を浅く、低く設定。加えて、R2、R、SRフレックスとS、Xフレックスのシャフトの巻き方を変え、20g以上の重量差(SRとS)をつけたという。この結果、飛びのライナー弾道をアベレージゴルファーから、アスリートゴルファーまで体感することができるという。シニアだけじゃない、プロ、上級者も使えるMJが誕生したといえるだろう。 ちなみに、ドライバーのラインアップは9・5度、10・5度、11・5度の3種類。クラブ長さはそれぞれ、45・5インチ、46・5インチの2タイプから選択可能。価格は1本12万円となっている。 そして、タイプを選べる充実したラインアップの長距離番手、やさしく飛ばせるウッド類を紹介しよう。低重心でとにかく飛ぶと、前評判も高いFWは、W3(15度)、W4(17度)、W5(19度)、W7(21度)、W9(24度)の5機種を用意。価格は各7万5000円となっている。 ユーティリティとFWの中間、やさしく飛ぶと評判の「ユーティリティ・フェアウエイウッド」、略してUFは、UF2(16度)、UF3(19度)、UF4(22度)の3機種を用意。価格は各6万円となっている。 そして、ロングアイアンが苦手なゴルファーへ、安定して長い距離が打てるUTは、U4(20度)、U5(23度)、U6(26度)、U7(29度)の4機種を用意。価格はUFと同様、各6万円となっている。FW、UF、UTと3タイプ・全12機種もあれば、選択肢も広がり、自分のプレースタイルに合わせたセッティングを組む楽しさも広がりそう。 アイアンは、従来の反発性能に優れたBOX構造をベースに、改良を加え、約3%の初速アップに成功したモデル。また、「セット内剛性フロー設計」を、全番手に搭載。これにより、クラブ長さが短くなっても、適度なしなり感を感じることができ、セット全体の振り心地を合わせることが可能になったという。価格は5本セット(7I~10I、PW)が17万5000円、単品(4I、5I、6I、AW、SW)は各3万5000円となっている。 手にした者だけがわかる、特別なブランドならではの高揚感を持ちながら、圧倒的な飛距離性能を誇るMJ。特に、今回のロイヤルブラックは、飛距離が落ち始めてきた40代、50代のゴルファーにとって、若い頃の飛距離を甦らせてくれるクラブになりそう。 問い合わせはマルマンへ、03~3526~9988。
    タグ
    マルマン
    マジェスティ