1. ニュース
  2. メーカー

14年冬、パーリーゲイツはレオパード&ミリタリー

メーカー 編集部

2014年冬、「パーリーゲイツ」のテーマは、「NEO LEOPARD(ネオレオパード)」と「MILITARY POP(ミリタリーポップ)」。

11月店頭展開のテーマは、「ネオレオパード」。ウエアからアクセサリー、シューズ、キャディバッグなど、あらゆるアイテムでレオパード柄を展開し、強く打ち出しいく模様。同社広告宣伝室の廣瀬信太郎PRアシスタントによると、

「スタイリングに関しては、『レオパード×トラッド』、『レオパード×スポーツ』など、相反するソースを合わせてレオパードの持つ水っぽいイメージを打ち消し、ネイビーとの組み合わせで、クリーンでエッジな印象にしているのが特徴です」――。

特にレディスに関しては、全面的にレオパード柄を採用しているが、メンズにも着やすいように、色味を抑えたレオパード柄のウエアに仕上げ、上品で大人な雰囲気を作り出したという。

一方、12月店頭展開のテーマは、「ミリタリーポップ」。MA‐1やN3B、フライトパンツなど、定番的なミリタリーアイテムをポップなBOMBER(爆弾)柄テキスタイルやマルチワッペンなどのグラフィックで、単品でも訴求力のあるアイテムを展開。

「ワッペンシリーズはエンブレムやモノグラム等を中心に、『スマイル』、『ラビット』、『チェリー』などのポップなモチーフを採用しました。変化に乏しい防寒ゴルフラインの活性化を図ります」(廣瀬氏)

特に販売時期が12月になることから、防風性、透湿性、保温性をコントロールする機能を有したミリタリーテイストのニットブルゾンや中綿パンツなど、防寒アイテムも多数取り揃えているという。

なお、今回のコレクションの型数は、メンズとレディスのウエアで200型、アクセサリーで100型。構成比は、メンズ5:レディス5での展開となっている。

今年でブランド設立25周年目を迎えた「パーリーゲイツ」は、ゴルフファッションを業界に提案した先駆者であり、常に業界をリードしてきたゴルフウエアブランドといえる。来年から次の5年、10年に向けて新たなスタートを切るが、これからも斬新なデザインや素材を共存させ、時代が求めるゴルフウエアを提案し続けてくれるに違いない。

問い合わせはTSIグルーヴアンドスポーツへ、03‐6748‐0082。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • 池田勇太もMBEでプロシャツ姿をお披露目

  • 15年春、パーリーゲイツは流行の「迷彩柄」

  • 14年冬、マスターバニーは60年代風レトロ

  • 14年秋、パーリーゲイツは品のあるクラシックスタイル

  • 夏のレジャースポーツを意識!ジャックバニー2014SS

  • お洒落を楽しむコンペ!『ENJOY STYLE PEARLY GATES CUP』