1. ニュース
  2. メーカー

6年ぶり!定番ボトムをリニューアル 

メーカー 編集部

後継モデルの『KG522』(タイトシューカット、1万5000円)、『KG523F』(レギュラーストレート、1万5000円)がそれで、継続のレギュラーテーパー『KG503F』と共にフラッグシップを担う。

なかでも『KG522』は、前作の『KG512』比で後ろ股上を2センチプラス、裾口を1・5cm狭めに変更し、マーケットトレンドに対応。また、『EDWIN GOLF』の象徴ともいえるサイドポケットもリニューアル。バックポケットのディテールを活かしたデザインとなり、左後方ポケット上部にはヘッドカバーホルダー、同右にはティーホルダーが新たに設けられた。

発売元のエドウインは今年3月、伊藤忠の完全子会社になったばかりだが、スタイルアップした定番ボトムを基軸に攻めへ転じる構え。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • Wilson 2020 – ウイルソン Webカタログ

  • 【LIVE】キャロウェイ『マーベリック』発表会をライブ配信します

  • Kasco 2020 SS – キャスコ Webカタログ

  • 住友ゴム工業 川松英明スポーツ事業本部長 年頭所感

関連記事

  • EDWIN GOLF 2018 – エドウインゴルフWebカタログ

  • EDWIN GOLF16AWはアスレジャー

  • EDWIN GOLF16SSは機能素材へ特化

  • スポーツ・健康産業の見本市にJGFOが出展

  • 森田人気で専門店取引倍増『and per se』

  • 伊藤忠、EDWINを完全子会社化