• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 月刊GEW 6月号でゴルフ業界の「円安事情」を特集

    11年目のDWDはフォーチュン・ドラゴンで原点へ

    編集部
    SNSでシェアする
    ドラゴン発祥の地・中国では、古代から五行説という自然哲学の思想があるが、万物は金、水、木、火、土の5種類の元素からなるという説だ。その5種類の色を月別のカラーテーマに設定。五行の相性の良い順序で展開していく。 シーズンスタートの2月は金。ゴールドを基調に、五行をイメージしたオリジナル柄のポロシャツやボトムス、そして気温の変化などに対応した2WAYブルゾンやベストがラインアップ。 続く3月のテーマカラーは水の水面柄、アクアスター柄、ストライプ柄など。水滴をイメージしたオリジナルのエンボスボトム素材やデニム風プリントなど、水をイメージさせる二次加工などが特長だ。 4月は木。森林を想わせる独自のプリント柄や部分メッシュ使いでトレンドを意識し、且つ、ゴルフに適した通気性のあるブルゾン、ベスト、ボトムスなどが展開される。 5月は火がイメージカラー。花柄や太陽柄など赤を基調色として、火を連想させる二次加工や色使いが特長。異素材を前身頃、後ろ身頃で変化させたアイテムが揃えられる。 6月は土。土を想起させる迷彩やトライバル、パイソン柄などがデザインの中心。真夏に最適な機能素材や5月に展開した異素材ドッキングのアイテム、土をイメージさせる二次加工や色使いが特長となる。 最後の7月は、DWDの基本カラーであるモノトーン。機能素材に五行ドット柄、ピースマークをモチーフにするなど、DWDの原点を表すアイテム構成になっているという。 同社によると、月別MDでカラーを明確に分けたのは初めてとのこと。モチーフであるドラゴンの原点回帰ともいえるコレクションになっている。
    タグ
    ダンス