1. ニュース
  2. メーカー

PING契約選手が絶好調! タービュレーター効果で同社の勢いも加速中?

メーカー 編集部

「とにかくドライバーが曲がらなかったのが大きい。2週前の『ニトリレディスゴルフトーナメント』からドライバーを『G30』(10・5度)に変えました。シャフトはオリジナルモデルの『TFC390‐SR』で、この組み合わせが、以前使用していたドライバーより飛距離もでて、曲がらない! 振り心地も良く、スピン量も最適でこのマッチングがベストでした。また、方向性が良いので即、試合に投入しました」

と、鈴木選手は契約先の新製品『G30』ドライバーを褒め上げた。しかし、ドライバーだけ良くてもメジャー優勝には届かない・・・。

「さらに、『i25 アイアン』も優勝へ導いてくれたクラブです。こちらも前に使っていたアイアンより飛ぶんですよ! 見た目も良くて構えやすい。コンパクトだけどミスに強い。私の良き相棒です」

鈴木選手はこのほか、FW、HB、ウエッジ、パターという14本すべて、契約先であるピンのクラブを使用。どうやら、公式戦初優勝をもたらした陰には、鈴木選手の努力と同社のクラブが大きく貢献したようだ。

さらに、同週、米国PGAツアー2014年フェデックスカッププレーオフシリーズ最終戦「ザ・ツアー選手権」(イーストレイクGC/ジョージア州)において、同社契約のビリー・ホーシェル選手が優勝。最終日9アンダーの首位でスタートしたホーシェル選手が、トータル11アンダーで逃げ切り、前週の「BMW選手権」(チェリーヒルズCC/コロラド州)から2連勝を達成。自身初の年間王者のタイトルも獲得し、約10億円の特別ボーナスも手中に収めた。

これで、同社ニューモデル『G30 ドライバー』(9月5日発売)を使用した選手の優勝は、米PGAツアーでは3勝目。鈴木選手の優勝と合わせて4勝目となり、新製品の実力を証明する最高の滑り出しとなった。同モデル最大の特徴は、ヘッドクラウン部にスイング中の空気抵抗を軽減するタービュレーターが搭載されていること。詳細は以前、同WEBサイトで紹介したので割愛するが、どうやらヘッドの加速のみならず、同社の売上も大きく加速しそうな予感。ピンゴルフジャパンの山口尚子マネージャー(パブリックリレーションズ)は、「おかげさまで、試打会でも飛びと抜群の方向性などのパフォーマンスを納得していただき、9月5日の発売後、『G30』シリーズよい滑り出しです!」とコメント。秋商戦の目玉商材となりそうだ。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • 10年で売上10倍のピン岡田副社長「弱点のレディスに本気です」

  • PING 2019 SPRING & SUMMER – ピンWebカタログ

  • ピンの『G410PLUS』は何がプラスされたのか?

  • 音は「トゥん。」? ピンが打音こだわった新パター『SIGMA(シグマ)2』を発表

  • PING 2018 SS – ピンゴルフWebカタログ

  • ピンG400MAXドライバーを永井プロが試打検証