• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • Aデザインゴルフよりスティックタイプの練習器を発売

    編集部
    SNSでシェアする
    Aデザインゴルフは、元中堅メーカーの開発者であり、ツアープロモーションに10年携わった赤穂勇介氏が立ち上げたブランド。 今回発売する練習器はどちらもスティックタイプだが、目的が少し違うので説明しよう。 『A rod zan』(1万2000円)は、スイングプレーンの安定を目的とした機器。このスティックを持って繰り返しスイングすると、残像効果でスイングプレーンを目視することができるという。また、同社独自のシャフト設計とウエイト配分によってドライバーに近いダウンスイングのタメ、フォロースルーのスピード感を体感できるのも特徴のひとつだ。 『A rod side』(9800円)は、理想のボディーターンを身につけることを目指した練習器で、右手と左手の距離をあけてグリップし、バックスイングすることで、体の動きを意識したスイングができるという。また、インパクトで音が鳴るようにスイングすると、正しいリリースポイントを感じることができるという。 『slide』も『zan』もピンクとイエローをラインアップしており、重量や長さは色別に設計されている。ちなみにピンクは340g/43・5インチ、イエローは342g/44・75インチという設定だ。 先端にスパイク鋲が付いており、立てかけることができる。また、スタート前のストレッチ棒や杖としても利用でき、ツアーの現場で培った赤穂氏のアイディアが豊富に詰まっている。この一本は、素振りの重要性を再認識するチャンスとなるだろう。 問い合わせはテイクスインクへ、045~949~8001。
    タグ
    Aデザイン
    練習機