1. ニュース
  2. メーカー

GD、待望の新作はメジャーを意味する『MJ』

メーカー この記事を書いた人:
 

「近年、ヘッドやボールの低スピン化が進んでいますが、『MJ』はそういった製品とのマッチングを考えて開発したシャフトです。中間部の粘りが強く、しっかりと振り切れる仕様で、ボール初速の向上が望めます。加えて、打出しが高くなるモデルですので、低スピン系のヘッドと組み合わせることで、『高弾道低スピン』の理想的な弾道が望めます。飛距離のみならず、コントロール性能もアップ。安定したキャリーが得られるモデルです」(同社広報担当・鈴木亮太課長)

ちなみに、『MJ』は、「メジャータイトル制覇」「偉大」「一流」などの意味が込められた”major(メジャー)”からネーミングされたという。

ラインアップは重量帯別に『MJ‐5』(50g台/R2、R1、S)、『MJ‐6』(60g台/SR、S、X)、『MJ‐7』(70g台/S、X)、『MJ‐8』(80g台/S、X)の4モデル10タイプを用意。キックポイントは中調子、本体価格は4万円となっている。

すでにツアープロの間では、その確かな性能が実証され、男女ともに使用者が急増しているという。当然、アマチュアゴルファーも待ち望んでいる同社の新製品。メーカーのカスタムモデルのみならず、工房を中心としたアフターマーケットでも人気の商材になりそうだ。

問い合わせはグラファイトデザインへ、0494~62~1170。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • チヨックス、事務所・店舗移転のお知らせ

  • 【終了しました】キャロウェイ『エピック フラッシュ』発表会LIVE配信

  • ミズノ、中藤博一氏がゴルフ事業部長を退任

  • 住友ゴム工業 川松英明執行役員スポーツ事業本部長 年頭所感

関連記事

  • 永井プロ「ツアーAD VR」試打レビュー ヘッド性能を引き出す新シャフトの評価は?

  • Aozora no saki ni(アオサキ)シャフトを永井プロが試打検証 

  • 思いっきり振るだけで飛ばせるシャフト「マーベリック」を検証 高弾道・低スピンはシャフト任せ

  • 三菱ケミカル「クロカゲXD」を試打検証 安定したスピン量に高いミート率のシャフト

  • グラファイトデザイン、役員選任のお知らせ

  • 「TOUR AD Uシリーズ」ユーティリティ専用シャフトの実力は?