1. ニュース
  2. メーカー

ジローラモ氏がドラコン常連クラブのイメージキャラクターに

メーカー 編集部

ジローラモ氏はイタリア出身で、男性ファッション誌「LEON」のモデルを務め、”ちょい不良(わる)オヤジ”の代表格とも言える存在。

一方のワークスゴルフは「飛距離」にこだわった製品「Maximax」シリーズを展開し、ドラコン競技において多くの実績を残している企業だ。その2者のコラボは一見、異質とも見て取れる。

この点について会見で、同社の吉村昌利代表は次のように説明している。

「今回の新製品では【”ちょい不良オヤジ”へ、ワイルドな飛びを。】をキャッチフレーズに展開しています。ワイルドさと洗練されたイメージを融合させたかった。それを表現できるのはジローラモさんしかいないと思いまして::」

実は今回、元プロ野球選手の橋本清氏が仲介役となり実現したというが、ジローラモ氏も同社の製品を気に入った様子で、”ちょい不良オヤジ”らしい、独特の調子でコメントを寄せている。

「ゴルフをする中で、もともと飛ばすのが好きでした。飛べばカッコイイし、特に1番ホールで飛ばせたらキャーキャー言われるでしょ? それに、このクラブはデザインも目立つから、持っているだけでカッコイイ」――。

クラブは既に発売されているが、今回のジローラモ氏の起用により、新たなゴルファーへのアプローチが期待される。

製品に関する問い合わせは、ワークスゴルフ発売元ライズ、06~6567~0562へ。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • ワークスゴルフ「飛匠レッドラベル」にカラーボールを追加