1. 飛びと方向性を兼ね備えたツアーモデルの新ビッグバーサ

飛びと方向性を兼ね備えたツアーモデルの新ビッグバーサ

メーカー
この記事は約 3 分で読めます。 98 Views

同製品のコンセプトは「かつてない打ちやすさの、ツアーモデル」を掲げている。ネーミングの由来について同社の庄司明久副社長は、「『815』の意味は、『15年モデルについては8月をメドに作っていく』というプロジェクトネームになります。そして『ダブルダイヤモンド』とは、スキーでの『上級コース』という意味があり、より上級者向けのモデルになっています」

新製品の特徴は、両モデル共に新開発の「R‐MOTOフェース」を採用した点だ。これは、Rib構造をもった、「MotorSportsのような速さを持ったフェース」の意で、このリブによりフェース周辺部の薄肉化(約3g)に成功。高反発エリアの拡大と軽量化を実現したという。また、その余剰ウエイトを再配分することにより、従来モデルよりもドローバイアスを強め、慣性モーメントの向上と共に打ちやすさを進化させたという。

さらに、前作同様、タングステンを装着したグラビティーコア(『815』は、54㎜。『815◆◆』は、前作より5㎜長くし、約400回転のスピン差を実現)で縦方向の重心調整と、2つのスクリューでトゥ・ヒール方向のウエイト調整、さらにホーゼル調整機能でロフトやライも調整が可能となっている。ヘッドは、前作より大きめで、シャローフェースの『815』とグラビティーコアのバーを伸ばして、スピン調整機能がアップしたディープフェースの『815◆◆』をラインアップ。

実際に『815』を試打した深堀圭一郎は、
「打感が抜群です。いままでより、フェースに強さとやわらかさを感じます。結果、初速が速くて飛びますし、フェースに乗っている時間が長く感じられるのでコントロール性能も高い。飛距離と方向性の面で、強さと簡単さを両方兼ね備えたドライバーだと思います」

また、『815◆◆』を試打した上田桃子は、
「とにかく打感がいいですね。前作よりボールがフェースにしっかり乗り、つぶして押せているという感覚。コントロールしながら飛距離も出していきやすいクラブです。つかまりも良く、右に出たかなというボールも戻ってくれるので安心して振っていけると思います」
と絶賛していた。

両モデルともヘッド体積は460緕、で、ロフトは9度と10・5度。シャフトは、オリジナルシャフトの他、『TOUR AD MJ‐6』(グラファイトデザイン)、『ATTAS 6☆』(シャフトラボ)、『SPEEDER 661 EVOLUTION』(藤倉ゴム工業)をカスタムラインで採用した。ターゲットユーザーは、ヘッドスピード41m/s以上で、幅広いゴルファーに対応できる優しさを兼ね備えているという。
『815』、『815◆◆』が加わったことにより、『ビッグバーサ』シリーズは、アベレージモデルからツアーモデルまで、全てのボジションを網羅したことになる。今後は、ポジショニングが機能し、競合他社との差別化を図ることが大事になってきそうだ。  

問い合せはキャロウェイゴルフへ、0120~300~147。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • 技術は継いだが「後継ではない」 キャロウェイ庄司副社長が『ローグ』を語る

    • キャロウェイの新ドライバーROGUE(ローグ)はエピックの後継機種じゃない!

    • キャロウェイがセルヒオ・ガルシアとの契約を発表

    • ジェージーイーの新製品 一気に振り切れる『BULLET』 強・高弾道『GALPHA PRATINA』を検証

    • 初速がとにかく速い!メタルファクトリー A9ドライバーを永井プロが試打検証

    • これぞヨネックス! “カーボンテクノロジー”の粋を集めた新ドライバー『EZONE GT』を徹底検証