1. TOP
  2. ニュース
  3. メーカー
  4. VR廃盤でVAPOR誕生

VR廃盤でVAPOR誕生

メーカー
  312 Views

記者発表冒頭では、日本ナイキゴルフのGMに9月1日付けで着任したサイモン・パークヒル氏が抱負を語った。
「全世界のゴルフ市場は分岐点を迎えている。その中で、日本の消費者は品質やディテール、機能などへのこだわりが強く、ブランドのプレミアムな体験と繋がっていると感じています。その意味で、ナイキは『スウッシュ』で全世界の人々と繋がっており、信頼性の高いブランドを目指すと共に、ゴルフ市場でもリーダーとなって牽引していきたい」

「VAPOR」シリーズのラインアップは、ドライバー3機種、FW2機種、UT1機種、アイアン3機種。記者発表では、ドライバーとアイアンの説明に終始した。

「VAPOR」シリーズのドライバーは、上級者向けの『フレックス』、中上級者向け『プロ』、全方位の『スピード』の3機種。共通のテクノロジーは、①ソールのキャビティバッグ、②キャビティ内のリブである「フライビーム」、③ソールの溝「新コンプレッションチャネル」、④弾道調整機能「フレックスロフト2・0」だ。

『フレックス』ドライバーはそのほかに、重心深度調整機能「フレックスフライト」を搭載。レジンで成型されたキャビティ部に、両端の重量が異なる棒状の「フライポッド」を入れ替えることで、浅重心と深重心を選択してスピン量を選択するシステム。また、キャビティの凹部に2本のリブ「フライビーム」をデザイン。ヘッド全体を強固に固定することで、余分な振動を軽減してインパクト時のエネルギー伝達効率を向上させたという。

全ドライバーに共通する「フレックスロフト2・0」は、アダプターの重量を30%軽量化。「新コンプレッションチャネル」は、インパクト時に圧縮されたエネルギーをフェースに伝えて、オフセンターヒットでも高い反発性能を発揮。ミスヒットによる初速の軽減を抑制する構造とされる。

そのほか、『プロ』ドライバーは460cm3の洋梨形状、『スピード』は460cm3の丸形形状。両モデルには「フレックスフライト」は搭載されていないものの、現状では多くのツアープロが使用するモデルとして注目されている。

尚、動画は記者発表の模様を収録した。

商品の問い合わせはナイキジャパンへ、0120~6453~77。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ダイヤコーポレーション、人事異動のお知らせ

  • マルマン、マジェスティ ゴルフに社名変更

  • DUNLOP GOLF 2018 AUTUMN/WINTER – ダンロップ Webカタログ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

関連記事

  • タイガー、コバート使用の優勝でキャンペーン

  • NIKE GOLF 2016 CLUB & BALL – ナイキゴルフWebカタログ

  • 予備プランも考えた、タイガーの衛星生中継

  • ナイキ契約ポール・ケーシーが「KLMオープン」優勝

  • 米国イベントで性能を実証したナイキ「VR_S」が登場

  • ナイキ、飛距離計る「スピードトライアル」開催