1. ヘッド重量の75%を前方配置「R15」

ヘッド重量の75%を前方配置「R15」

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 342 Views

説明会冒頭では、同社マーケティングシニアマネージャーの菱沼信之氏が意気込みを語った。

「当社における『R』は進化の象徴といえ、テーラーメイドの最先端の証でもあります。「R300」シリーズの投入以来、ツアー使用率も14年連続でNO.1を獲得しており、実績もある。その英知を結集したのが『R15』といえるでしょう」

「R15」シリーズのラインアップはドライバー2機種(6万5000円~)、FW2機種(3万6800円~)、レスキュー3機種(3万800円~)、アイアン3機種(6本、8万4000円~)。説明会では、ドライバーとアイアンの説明に終始した。

「R15」ドライバーは、460、430の2タイプをラインアップ。最大特徴はソールに搭載された2つのウエイトに集約されるだろう。前モデルの「SLDR」では1つだけだったが、新製品では2つに増やすことで、低・前重心を確保しながら、より細かな弾道調整ができる仕組み。例えば、①2つともヒール側でドロー、トゥ側でフェード、②2つを離して安定性、③センター&センターで飛距離性能、といった具合い。さらに、レール装着部を12㎜フェース側へ移動したことで、全体のヘッド重量の75%を前方へ配置することに成功したという。菱沼氏が続ける。

「当社では、打ち出し角17°、ボールスピン量1700回転のヘッド開発を目標に掲げていますが、『R15』ドライバーでその理想にまた一歩近づきました。低・前重心とハイロフトとの相乗効果により、最適な打ち出し角とスピン量を生み出し、飛距離アップを実現します」(菱沼氏)

そのほか、へッドにはテーラーメイド独自の白ヘッドを進化させ、立体的で構えやすさを向上させたホワイトクラウンが採用された。

なお、動画ニュースでは新製品説明会のもようを収録した。

*登壇者:テーラーメイドゴルフプロダクトマーケティング菱沼信之シニアマネージャー

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • マルマン、マジェスティ ゴルフに社名変更

  • DUNLOP GOLF 2018 AUTUMN/WINTER – ダンロップ Webカタログ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • Yamaha Golf Catalogue 2019 – ヤマハWebカタログ

関連記事

  • 軽量化+つかまりやすい「Mグローレ」試打レビュー 高弾道で真っ直ぐ飛ばす

  • 永井プロが試打検証 テーラーメイド M3、M4は本当に飛んで曲がらないのか?

  • テーラーメイド M3 M4は飛んで曲がらないツイストフェース

  • テーラーメイド改めホンマの菱沼常務が「転職理由」を語る

  • ミスター・テーラーメイドが本間ゴルフの常務に

  • テーラーメイドがゴルフアパレル発売で「ライバルはデサント」