1. ニュース
  2. メーカー

アキラから、『PROTOTYPE』のやさしいUT

メーカー この記事を書いた人:
 

同UTはズバリ、①ボールを強く飛ばしたい、②トラブルショット(ライ・ラフ)からの脱出で使いたい、③FWと5番アイアンの番手間を埋めたい、という3タイプのゴルファーがターゲット。そのために前作と比較して進化させたポイントは次の4つだという。

・重心高さを低く設定することで、安定した高打出し角を実現
・重心深度を浅く設定することで、スピン量を軽減
・重心距離を短く設定することで、ボールのつかまりがアップ
・トウからヒールにかけてラウンドデザインにすることで、アドレスした時に安心感のある三日月シェイプを採用

プロや上級者の好みにも応えつつ、アベレージゴルファーにも十分使いこなせそうなモデルといえそう。 ロフトバリエーションは19度、23度の2つ。どちらも、ソール部に2つのウェイトビスを配し、標準ビスとして2g、10gを装備。さらに、付属ビスとして6g、8gのビスがついてくるというから、自分の好みや、コースのセッティングによって調整することも可能。

なお、同UTはヘッドパーツ販売のみのモデル。クラフトマンと話し合いながら、オンリーワンの1本を作り上げる――。そんな楽しみ方もありだろう。まさに、プロトタイプの名に相応しい、ツアープロの気分を味わえるUTの登場といえるだろう。ヘッド本体価格は2万円となっている。

問い合わせはアキラプロダクツへ、03~5652~4500。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • チヨックス、事務所・店舗移転のお知らせ

  • 【終了しました】キャロウェイ『エピック フラッシュ』発表会LIVE配信

  • ミズノ、中藤博一氏がゴルフ事業部長を退任

  • 住友ゴム工業 川松英明執行役員スポーツ事業本部長 年頭所感

関連記事

  • AKIRA GOLF 2016 – アキラプロダクツWebカタログ

  • 原点回帰の『プロトタイプH‐6』ドライバー

  • 非公認高反発ボール『LD‐400』で大きな飛びを!

  • プレーヤーの技術を活かす『プロトタイプウエッジ』

  • 精悍なカオつき、カスタム専用の『ADRストロングブラック』

  • アキラプロダクツ プロの要望をカタチにした『KS‐601』