• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • R15ドライバー、発売前にモデル別使用率1位を獲得

    編集部
    SNSでシェアする
    ツアープロは11月下旬から順次『R15』ドライバーのテストを開始し、最終戦当日は、小田龍一、竹谷佳孝を含む9名が新製品に切り替えて大会に臨んだ。 『R15』ドライバーは、460、430の2タイプをラインアップ。最大特徴はソールに搭載された2つのウエイトに集約される。前モデルの「SLDR」では1つだけだったが、新製品では2つに増やすことで、低・前重心を確保しながら、より細かな弾道調整ができる仕組み。例えば、①2つともヒール側でドロー、トゥ側でフェード、②2つを離して安定性、③センター&センターで飛距離性能、といった具合い。さらに、レール装着部を12㎜フェース側へ移動したことで、全体のヘッド重量の75%を前方へ配置することに成功したという。 2014年もトップダウン戦略で多くのツアー優勝者を輩出したテーラーメイド ゴルフ。来年も目が離せないだろう。 問い合わせはテーラーメイド ゴルフへ、0120~558~562。
    タグ
    テーラーメイド
    ドライバー
    TMaG