1. ニュース
  2. メーカー

R15ドライバー、発売前にモデル別使用率1位を獲得

メーカー 編集部

ツアープロは11月下旬から順次『R15』ドライバーのテストを開始し、最終戦当日は、小田龍一、竹谷佳孝を含む9名が新製品に切り替えて大会に臨んだ。

『R15』ドライバーは、460、430の2タイプをラインアップ。最大特徴はソールに搭載された2つのウエイトに集約される。前モデルの「SLDR」では1つだけだったが、新製品では2つに増やすことで、低・前重心を確保しながら、より細かな弾道調整ができる仕組み。例えば、①2つともヒール側でドロー、トゥ側でフェード、②2つを離して安定性、③センター&センターで飛距離性能、といった具合い。さらに、レール装着部を12㎜フェース側へ移動したことで、全体のヘッド重量の75%を前方へ配置することに成功したという。

2014年もトップダウン戦略で多くのツアー優勝者を輩出したテーラーメイド ゴルフ。来年も目が離せないだろう。

問い合わせはテーラーメイド ゴルフへ、0120~558~562。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • 記者発表を敢行したテーラーメイド 日本人は『SIM』よりも『SIMグローレ』が合う理由

  • テーラーメイド『SIM / SIM MAX』それぞれの違いは?M5、 M6からの進化は?

  • テーラーメイド『SIM』『SIM MAX』発表 M5、M6からの進化は空力効率

  • テーラーメイド『M5 / M6』を発表 M3 / M4からの進化は「スピード」

  • 『M5』と『M6』は何が違うのか?前作からの進化は?永井プロが詳しく解説

  • 問われるメーカーの説明力 斬新な機能をテーラーメイドはどう伝える?