1. ニュース
  2. メーカー

タイトリストが今季もボールNo1に

メーカー 編集部

世界ツアーでのボール使用率は66%(2万3456名)で、2位メーカーの11%(4067名)を大きく引き離している。全世界での勝利数は172勝(59%)、日本男子ツアーのボール使用率は42%(1193名)で、国内男子については13年連続での使用率1位を継続している。

ボール市場は、ダンロップ、ブリヂストン、アクシネットの3強時代といわれる。タイトリストのボールでは、『プロV1』が同社ボールの4割(金額ベース)を占めている。ツアーでの使用率も『プロV1』が圧倒的。今後、同社は国内ボール市場3割を目指して行く上で、ツアー使用率No1の死守していかなければならない。

例年通りであれば2年サイクルの『プロV1』は、来年リニューアルすると見られる。もちろん、性能の向上が期待されるが、それによっては今後の使用率の増加も期待される。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ワイズ・スポーツ、社名をスポーツナビへ変更

  • ニューアート・クレイジー、社名をニューアート・ スポーツに変更

  • Kasco 2019 AW – キャスコ2019秋冬 Webカタログ

  • 藤倉コンポジット、役員選任のお知らせ

関連記事

  • 9月28日発売 タイトリストTS2・TS3ドライバーを徹底解説

  • NEW タイトリスト プロV1・V1xが2月デビュー

  • 上級者モデル秋の陣はタイトリスト 917が台風の目

  • アクシネット ジャパン インク タイトリスト VOKEY DESIGN SM6

  • 大幅なイメチェンで新生『VG3』を訴求

  • なぜ強い!?『タイトリスト・ボーケイ』ウエッジを有力専門店が分析