1. ニュース
  2. メーカー

これでバンカーも一発脱出!? 『KSウェッジ』

メーカー 編集部

同ウエッジの特徴は、①進化したソール形状、バンス角0度の「ゼロバンスワイドソール」、②フェースを広く使えるモデリング、③高次元な設計を可能にした鋳鍛造製法、④やわらかい打球感を実現したノーメッキ新仕上げが挙げられる。

モデル名にもなっている①のゼロバンスだが、単純にバンスを削るのではなく、エッジ側に肉を盛り平頭型エッジを採用。その結果、強い抵抗にも負けず、ヘッドの挙動が安定。深いラフからショートしがちな場合でも、しっかりとターゲットまで打っていけるという。

また、②のモデリングは、フェースヒール側にちょうどゴルフボール1個がおさまる形状(ボールホーゼルポケット)を採用。フェースの有効打点面積が広くなったことで、フェースを開いて打つバンカーショットやロブショットのミスも軽減してくれるという。

続いて③の鋳鍛造製法だが、ボディ全体は鋳造で生成。フェース部は鍛造で、精密平面出しミーリング、ボディを滑らかに研磨し、最後にフェースラインを適合ハイスピンラインに彫刻。ウエッジの特性にこだわり、理想をカタチにしたモデルだという。仕上げにもこだわり、「ノーメッキ ブラックサテン QPQフィニッシュ」を採用。表面を硬化させることで、本体素材のやわらかい打球感を保ちつつ、優れた耐摩耗性、防錆性をほこる新仕上げを採用。機能性もさることながら、見た目もカッコいいウエッジが誕生したといえるだろう。

ロフトバリエーションは、48度、52度、56度、58度、60度の5タイプを用意。本体価格は1本1万8000円となっている。

ちなみに、杉山氏は1965年にマルマンに入社。以来、クラブ製造一筋で、1990年代には2人のマスターズチャンピオンのクラブを手掛けたまさに巨匠ともいうべき人物。現在においても、営業の最前線として販売を行い、生のゴルファーの声をくみ上げてクラブづくりにフィードバックしている。杉山氏の名を冠した『KSウェッジ』だけではなく、同社の最高級ゴルフクラブ『マジェスティ』の深みのある輝きは、卓越した杉山氏の研磨技術の高さによるもの。

機能性、匠の研磨技術が盛り込まれた同モデル、価格帯も比較的リーズナブルなので、非常にコストパフォーマンスが高いモデルといえそう。問い合わせはマルマンへ、03~3526~9988。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • PLAY GOLF EASY フェースのどこに当たっても真っすぐ遠くへ飛ぶ

  • マルマン、マジェスティ ゴルフに社名変更

  • ゴルファーの高齢化は最大の商機 マルマン松下専務の『マジェスティ』戦略

  • 「腕がなけりゃメシは喰えん!」マルマン杉山健三の極意を動画取材

  • 主役は杉山健三の「手」 マルマン『マジェスティ プレステジオ テン』発表

  • マルマン社名変更で「マジェスティゴルフ」誕生