1. ニュース
  2. メーカー

オデッセイ、新シリーズ『WORKS』を発売

メーカー この記事を書いた人:
 

『オデッセイワークス』シリーズの「WORKS(ワークス)」とは、英語で”作品”という意味があり、最高テクノロジーを持つ製品に名づけられるとか。同製品は、スタンダードアライメントの「ODYSSEY WORKS(オデッセイワークス)」、VERSAアライメントの「ODYSSEY WORKS VERSA(オデッセイワークスヴァーサ)」、VERSAアライメントとカウンターバランステクノロジーを搭載した「ODYSSEY WORKS VERSA TANK(オデッセイワークスヴァーサタンク)」の3モデルでの展開となる。

『オデッセイワークス』シリーズの最大の特徴は、ホワイトホットインサートに網目状のステンレススチールを装着した「FUSION RXインサート」を採用したこと。ソフトなフィーリングはそのままに、ボールの打ち出し角度とスピンの精度を高め、ホワイトホットインサート装着時より、約12%早くボールが順回転になるという(同社調べ)。これにより、芝目の影響を最小限に抑え、カップインの確立を高めてくれるという。

また、特筆すべきは、今回新たに開発された新形状の「2―BALL FANG」を採用したこと(「オデッセイワークスヴァーサ」、「オデッセイワークスヴァーサタンク」に採用)。これは、2ボールパターをさらに進化させたもので、「ホワイトホット2ボールパター」に比べ、約42%慣性モーメントが向上、また、約20%の低重心化を実現するなど、安定したボールの転がりを生み出してくれるという(同社調べ)。

さらに、ヴァーサの”ヴァーチカルデザイン”と”ホリゾンタルデザイン”を融合させ、水平・垂直の両方向に対し、より正確なセットアップが可能になる「BIG Tアライメント」を採用(オデッセイワークスヴァーサ)。これにより、軌道が鮮明に確認できるため、狙い通りの打ち出しを実現することができるという。
 
パッティングスタイルやストロークに合わせて選べるラインアップは以下の通り。「ODYSSEY WORKS VERSA」#1、#1W、#7、#9、V‐LINE(2万3000円)、2‐BALL FANG(2万5000円)、「ODYSSEY WORKS VERSA TANK」#1W、#7、ROSSIE1(2万5000円)、2‐BALL FANG(2万7000円)、「ODYSSEY WORKS(STANDARD)」#1、#7、ROSSIE2(2万3000円)。

問い合わせはキャロウェイゴルフへ、0120~300~147。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • チヨックス、事務所・店舗移転のお知らせ

  • 【終了しました】キャロウェイ『エピック フラッシュ』発表会LIVE配信

  • ミズノ、中藤博一氏がゴルフ事業部長を退任

  • 住友ゴム工業 川松英明執行役員スポーツ事業本部長 年頭所感

関連記事

  • 完成まで34年?『エピックフラッシュ』はさらなるボール初速を求めて生まれた

  • 【終了しました】キャロウェイ『エピック フラッシュ』発表会LIVE配信

  • キャロウェイの2019年新製品は1月8日発表

  • キャロウェイゴルフ、2018年上期の好業績を発表

  • キャロウェイ2018年度第一四半期、記録的好業績を発表

  • 永井プロが打ち比べ!キャロウェイのローグとエピックは何が違うのか!?