1. ニュース
  2. メーカー

GD、165週連続使用率NO.1の快挙!

メーカー 編集部

圧倒的な使用率を誇る同社のシャフト。昨年の国内男子ツアーでは全試合で出場選手3割以上の使用率をマーク。特に使用率が高かったのは、茨城県の美浦ゴルフクラブで行われた「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦」で、なんと、同大会でのドライバーシャフト使用率は42・7%だった。

同コースは、名匠ロバート・トレント・ジョーンズJrが「リスクと報酬」をコンセプトに設計。もちろん、コース戦略のカギを握るのは、ティーショットの落とし場所で、リスクを覚悟で攻めたプレーヤーに報酬があたえられる。そのコースで行われた大会におけるシャフト使用率の高さが、同社製品の信用度と精度の高さを物語っているだろう。

ちなみに、国内男子ツアーにおいては、2008年「マンシングウェアオープン・KBSカップ」から2014年「ゴルフ日本シリーズ・JTカップ」までの165週にわたってドライバーのシャフト使用率NO.1を保持し続けている快挙を成し遂げている。また、昨年度の国内男子ツアー23試合中、8人の選手の優勝に同社のシャフトが貢献していることも付け加えておこう。今シーズンもこの記録は伸び続けそうだ。

問い合わせはグラファイトデザインへ、0494~62~1170。なお、記載のデータはすべてダレルサーベイ社調べ。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 藤倉コンポジット、役員選任のお知らせ

  • 朝日ゴルフ 2019 Webカタログ

  • YAMAHA GOLF CATALOGUE 2020 – ヤマハゴルフ Webカタログ

  • アルペン、人事異動のお知らせ

関連記事

  • グラファイトデザイン『秩父UT・秩父IRON』ゴルファーの技術を反映する最高峰シャフト

  • グラファイトデザイン、役員選任のお知らせ

  • 永井プロ「ツアーAD VR」試打レビュー ヘッド性能を引き出す新シャフトの評価は?

  • Aozora no saki ni(アオサキ)シャフトを永井プロが試打検証 

  • 思いっきり振るだけで飛ばせるシャフト「マーベリック」を検証 高弾道・低スピンはシャフト任せ

  • 三菱ケミカル「クロカゲXD」を試打検証 安定したスピン量に高いミート率のシャフト