1. ニュース
  2. メーカー

ピン、「ワンランク上のゴルフウエアをあなたに」

メーカー 編集部

同社は、2014年秋冬コレクションからアパレル事業に本格参入を果たしているが、これは米国本社とは関係なく、すべて日本サイドの企画で展開するもの。独自性を打ち出すため、『デュラブル』(丈夫で長持ち)、『ファンクショナル』(機能性)、『バーサタイル』(汎用性)、『エコフレンドリー』(環境に配慮)という4つのコンセプトを提唱している。

同コレクションの型数は約50型で、秋冬物に比べ10型以上増加。展開店舗数に関してはゴルフ専門店、百貨店を中心に50店舗ほどと少なめな印象だが、一気に拡げるのではなく、絞り込んだ店舗で展開するあたり、同事業を焦らずじっくりと丁寧に育てていく姿勢が伺える。同社の吉田紘規セールスリーダーは次のようにコメント。

「通常、アパレルを販売する場合、シーズンごとにデザインテーマ・コンセプトを設け、企画するパターンがほとんどです。しかし、当社は一度開発した商品は、細かい部分でのマイナーチェンジは行いますが、基本的に数年間は継続。価格を維持し、『定番品』を基礎とするビジネスを考えております。
また、素材選びから製法、カッティング、パターン、デザイン、機能性に至るまでゴルフ向けに応用した企画でウエアを提供。登山など、アウトドア用のウエアに採用されるクラスの高クオリティを誇るワンランク上の素材を採用しています。
その一例として、生地には機能性に優れた『ポーラテック社』の素材を採用。特に今回、レインウエアに採用した『ポーラテック・ネオシェル』という素材は、防水素材でありながら従来の一般的な透湿性を表す数値1万g/m2/24hに対し、2万g/m2/24hという2倍の透湿力を誇ります。従来のレインウエアでは撥水性は高くても、プレー中ウエアのなかはじめじめとして不快感を覚えてしまうケースが多い。ですが同レインウエアは、防水性・撥水性はもちろんのこと、『蒸れを逃がす』ということに重点を置いて開発。非常に湿度の高い日本の雨期にプレーしても、蒸れずに動きやすく快適にプレーすることが可能です。価格は5万9000円と少々高めですが、それだけの実力を兼ね備えていると思います」

同コレクションはブラック、グレーを基調に、定番のネイビー、ベージュをメインカラーに使用。差し色にマスタードイエロー、ブルー、迷彩を採用している。主要価格帯は、ポロシャツが8500円~1万7000円、パンツが1万6000円~3万円台後半、アウターが2万3000円~5万円台後半となっている。最後に吉田リーダーイチオシアイテムを聞いてみた。

「当社のフィッティングで採用しているカラーコードチャート12色を配したハーフパンツもオススメですが、マスタードイエローを採用したジャケット(本体価格3万8000円)がイチオシです。耐久撥水加工素材を使用し、背中部にベンチレーションファスナーを装備するなど、これから春先にかけて重宝するアイテムだと思います。ぜひお試しください」

どれもゴルフのみならず、普段使いもできそうだから、あらゆるシーンで活躍しそう。問い合わせはピンゴルフジャパンへ、03~5916~1812。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • KRONOS GOLF 2019 – クロノスゴルフ Webカタログ

  • 日本パブリックゴルフ協会、移転のお知らせ

  • 【LIVE】ゼクシオ新商品記者発表会のライブ中継を行います

  • 二木ゴルフ、役員選任のお知らせ

関連記事

  • 10年で売上10倍のピン岡田副社長「弱点のレディスに本気です」

  • PING 2019 SPRING & SUMMER – ピンWebカタログ

  • ピンの『G410PLUS』は何がプラスされたのか?

  • 音は「トゥん。」? ピンが打音こだわった新パター『SIGMA(シグマ)2』を発表

  • PING 2018 SS – ピンゴルフWebカタログ

  • ピンG400MAXドライバーを永井プロが試打検証