1. 微調整を可能とした『ジェネム005ボア』

微調整を可能とした『ジェネム005ボア』

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 76 Views

アッパー部には、天然皮革のような風合いの人工皮革素材『クラリーノソフロナSK』を採用。縫い目を極力なくした一体構造で、足との高いフィット感を追求。この素材は、㈱クラレとの共同開発で、ソフトの風合いながら軽量。また、アッパーのパーツを大幅に減少。シンプルなデザインを採用することで、フィット感を高め、プレー中の足のブレを抑制しているという。

さらに新たなBoaシステムを導入した。最新モデルの「IP1」というモデルで、締めるだけでは無く、緩める方向にもミリ単位にで微調整が可能。フィッティングの手間がまた一段と省けたといえるだろう。このシステムは、サイクルスポーツシューズに搭載されているモデルを参考に開発され、ゴルフシューズではミズノが導入している。

また、「ジェネム」シリーズは足幅のラインアップも魅力だ。これまでのモデル同様、EE、EEE、EEEEの3幅を用意。サイズも24・0~・280、29・0が揃っている。カラーは、ホワイトを基調にアクセントカラーがブラックとレッドをラインアップする。

価格はオープンだが、税別で予想店頭価格2万4000円前後を想定している。

問い合わせはミズノへ、0120~320~799。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • ミズノ、組織一部変更と人事異動のお知らせ

    • ミズノ、組織一部変更及び人事異動のお知らせ

    • 復活する『Mizuno Pro』9月発売で『MP』は退陣?

    • ミズノゴルフ 2017 Webカタログ

    • 「カスタムフィッティングを強化します」ミズノが語る新事業と、カスタム専用クラブ『Mizuno Pro』の魅力とは

    • ミズノ、伊藤有志プロと契約