• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 8代目『プロV1』はショートゲームでも性能向上

    編集部
    SNSでシェアする
    アクシネットジャパンは2月6日、8代目となる『NEWプロV1』シリーズ2機種を発売する。今回のボールは。従来の性能や特長はそのままに、ショートゲームにおけるスピンコントロール性能の向上と、よりソフトな打感と実現したという。 『NEWプロV1』は、独自のコア製造過程で生み出されたソフトで均一性の高いZGプロセスコアを採用。2層目のアイオノメリック・ケース層との相乗効果で、ドライバーからロングアイアンで余計なバックスピンを軽減。また独自の352ディンプルが低く強い中弾道を実現し、着弾後のランを促進。高い飛距離性能を発揮するという。 ポイントとなるショートゲームのスピンコントロール性能だが、これに関しては『プロV1x』も同じ。特許取得の新開発ウレタン・エラストマー・カバーがスピンコントロール性能の向上に寄与。高いグリップ力とソフトな打感が、イメージ通りのショットと距離感を可能にして、ピンをデッドに攻めることができるという。 両モデルとも最外層のウレタン・エラストマー・カバーは、前作よりもさらにソフトで、全てのショットで非常にソフトな打感を提供するようだ。 『NEWプロV1x』においては、独自のコア製造過程で生み出された均一性の高いZGプロセスデュアルコアを採用。このコアと独自の328ディンプルで、安定した強い中高弾道で大きな飛距離をもたらすという。 両モデルとも、ローナンバー(1~4)、ハイナンバー(5~8)に加え、同日発売でダブルナンバー(11、33、55、77)もラインアップ。価格はオープン。 問い合わせはアクシネットジャパンへ、0120~935~325。
    タグ
    アクシネット