1. 日本シャフト、モーダスのウエッジ専用シャフトを発売

日本シャフト、モーダスのウエッジ専用シャフトを発売

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 67 Views

 
『NSプロモーダス3ウエッジ』は、2008年に発売されたウエッジ専用シャフト『NSプロWV』をベースに、USPGAツアープレーヤーの要望や試打を経て、プロや中・上級者向けに開発されたモデルだという。同社シャフト事業部の栗原一郎主任によれば、
 
「今回の新製品は、当社独自の肉厚調整技術で、安定したスピン量と方向性を確保しました。さらに、『モーダスシステム3ツアー125』にも採用された最新の熱処理技術(MHTテクノロジー)を施し、ウエッジに求められる最適なフィーリングを実現しています。また、ヒューマンテストの結果、前作(『NSプロWV』)よりも打ち出し角が1度低くなって、スピン量が800回転増えました。これにより、スピンの安定性に優れた『ベタピン』の進化形シャフトが完成しました」
 
製品ラインアップは3種類で、具体的には、

①『モーダス3ウエッジ105』(重量:111g・中調子):軽くしなりを感じてフィーリングを出しやすいタイプ

②『モーダス3ウエッジ115』(重量:122g・中調子):重さを手元で感じてヘッドを十分に活かすタイプ

③『モーダス3ウエッジ125』(重量:133g・中調子):全体に重量を感じてボールをコントロールするタイプ

となっている。
 
実はこのシャフト、既にPGAツアープロが、50名近く使用しており、実績・評判がともに高い製品なのだ。期待の製品群が3月以降、店頭でどのような動きを見せるのか、大いに注目される。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • 『MODUS3』ユーザー必見 『Regio』との理想の組み合わせ『N.S.PRO MODUS3』 &『N.S.PRORegio Formula』

    • 日本シャフト N.S.PRO 2017 Webカタログ

    • 日本シャフト N.S.PRO Regio Formula B & N.S.PRO MODUS3 TOUR 120

    • 日本シャフト、役員選任のお知らせ

    • 日本シャフト N.S.PRO Regio Formula B & N.S.PRO MODUS3 TOUR 120

    • N.S.PRO 2016 – 日本シャフトWebカタログ