1. ニュース
  2. メーカー

横浜ゴム、辻梨恵と契約

メーカー プロギア この記事を書いた人:
 

横浜ゴムは先頃、2015年1月より女子プロゴルファー辻梨恵とプロギアブランドのゴルフクラブおよびグッズを使用する契約を締結したと発表した。

同社リリースによると、辻プロは飛距離に定評があり、将来の活躍が期待される若手選手。2013年からツアーに参戦し、同年は33試合、2014年は34試合に出場し、「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」と「フジサンケイクラシック」で10位タイの成績を挙げている。

今シーズンは、ドライバー『iDナブラRS01』、同『RSフォージドアイアン』などのクラブとキャディバッグを使用して、ステップアップを主戦場に初シード獲得を目指す構えだ。

2015年シーズンの「チームプロギア」は、矢野東、平塚哲二、小平智、原江里菜、海老原清治、金井清一などで構成される。

同社のプロ契約は横浜ゴムのコーポレート契約だが、横浜ゴムは会社分割によりスポーツ事業部を分割して、100%子会社のプロギアに継承した。それによって、今年1月に製販一体の新生プロギアが誕生した。プロの活躍と製販一体になったプロギアの動向が注目される。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • チヨックス、事務所・店舗移転のお知らせ

  • 【終了しました】キャロウェイ『エピック フラッシュ』発表会LIVE配信

  • ミズノ、中藤博一氏がゴルフ事業部長を退任

  • 住友ゴム工業 川松英明執行役員スポーツ事業本部長 年頭所感

関連記事

  • ギリギリ第3弾、プロギア新RSドライバーはなぜ飛んで曲がらないのか?

  • 日本に2台だけ!PRGR(プロギア)のサイエンスフィットが凄すぎる

  • 「高反発祭り」に迷いなし! この道を突き進むプロギアのスマイル作戦

  • プロギアが高反発ドライバー第2弾金eggを発表。副社長自ら性能を実証します

  • PRGR、組織変更及び人事異動のお知らせ

  • ギリギリの高初速と広い高初速エリアを追求した「RS 2017」