1. 『コンダクターPRO』シリーズ初のUT

『コンダクターPRO』シリーズ初のUT

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 116 Views

同UTは、マルマンを支える20代、30代の若手プロから「アイアン感覚で振り抜けるUTを!」という多くの要望に応え、開発されたモデル。外観は、機能美を追求し、無駄を排除したスリムなフォルムを採用。一方でヘッド内部は、最新理論に基づく革新的なヘッド内部構造を形成。さらに独自の「S.N.B.Cテクノロジー」によりクラブ全体の性能アップのみならず、スイング時の振り心地までもこだわったUTが完成したという。

「S.N.B.Cテクノロジー」とは、従来の同じターゲットモデルのW1と同等のクラブ慣性モーメント(同等の振り心地)でありながら、ヘッド重量を2・5%アップさせた設計技術。計算すれば、ヘッド重量が5gほど重くなるが、その分、シャフトの重心位置を手元側に40mm移動、さらにシャフト重量を12g軽量化することで、同シリーズのドライバーと同じ感覚で振り抜けるという優れモノ。『コンダクターPRO』ユーザーには特にオススメといえるだろうが、FW形状に近い大きめのUTが苦手なゴルファーからも人気の商材となりそうだ。

ラインアップはU2(16度)、U3(18度)、U4(21度)、U5(24度)の4タイプを用意。本体価格は1本3万円となっている。問い合わせはマルマンへ、03~3526~9988。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • 当たり負けしないからボールが しっかりと転がる!マルマンKSパターを永井プロが徹底検証

    • マルマン社長に金 在昱氏

    • 「働く女性のためのゴルフ交流会イベント」で一段上のゴルフ女子になろう!

    • 【動画で解説】やさしさの中にも芯がある本物志向に贈るマジェスティ ロイヤルSPの評価は?

    • ライバルはゼクシオ、ゼクシオ、ゼクシオです! 『マジェスティ』出山社長が静かに吠える

    • maruman GOLF 2017 – マルマンWebカタログ