1. MJゴルフ大試打会でパーツ大盛り上がり

MJゴルフ大試打会でパーツ大盛り上がり

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 100 Views

試打会には多くのこだわりゴルファーが来場し、大手量販店や専門店での取扱のないブランドを試打。メーカー側も大満足の試打会となった。

試打会に参加したテイクスインク/Aデザインゴルフの田辺寿明セールスマネージャーは次のように語っている。「パーツブランドの試打会ということで、マニアックなゴルファーに多くご来場頂きました。当社のブランドをご存じのゴルファーも多かったですが、全てのモデルの試打経験がないということで、メーカーとゴルファー両者に満足できる試打会だったと思います。全体的には集客力も高く、このような試打会は定期的に開催してもらいたいですね」――。

主催者のMJゴルフ調布店店長・保田将仁氏によると、
「有名メーカーではないが、ゴルファーとっては様々な地クラブブランドを試す良い機会になったと思います。今回は工房での販売量が少ないブランドも試打会ということで参加頂けました。地クラブビジネスが盛りあがっている今だからこそ、様々な工房さん主催の合同試打会が増えることが期待されますね」――。
 
地クラブ・工房ビジネスは昨今、高い販売技術や付加価値商品の販売で、利益が取れる商売として注目されている。地クラブメーカー、そして工房はともにゴルフ市場において第三極的存在だが、その存在感は確実に増しており、その動向から目が離せない。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • 『CB-2008』にベストマッチの『MG-M01』ウエッジ

    • Aデザインからウエッジ『A GRIND V2』と次世代キャビティ『A GRIND A-CB』

    • PXGの『X』シリーズが6月発売予定!

    • パター用カーボン『MC Putter』登場

    • KBSから初のカーボン『KBS TOUR HYBRID PROTOTYPE』

    • 『ディアマナBF』に60TXを限定追加