• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • ヘルスケア事業PRへ、東芝が女子プロと所属契約

    編集部
    SNSでシェアする
    東芝は先ごろ、若手女子プロゴルファーの豊永志帆選手、堀琴音選手と3年間のスポンサー契約を締結したことを発表し、記者発表を行った。 同社の田中久雄代表執行役社長は会見の場で、今回の契約締結についてコメントを発表した。 「両選手のひたむきに挑戦し続ける姿勢に共感し、その実力と将来性を期待しています。また当社の事業の柱のひとつであるヘルスケア事業の側面からも、両選手の健康的なイメージと合致すると考え、契約締結に至りました」 これまでにも同社は、野球部やラグビー部などを保有しており、スポーツイベントに協賛するなど、文化的価値の向上に貢献してきたが、プロ契約を結ぶのは同社にとっても新たな挑戦。今後も引き続き、スポーツ界の発展やスポーツを通じての社会活性化に意欲的だ。 両選手は今後、「TOSHIBA」のロゴが入ったキャップ・サンバイザー、ウエア、キャディバッグ、アンブレラを使用して、トーナメントへの参戦を予定している。 ではなぜ男子プロではなく、女子プロなのか? 同社によれば、 「女子プロゴルフは、世界を舞台に活躍する日本人若手選手の台頭がめざましく、注目・関心が集まっていると感じています」 グローバルに事業を展開する同社としては、今回のスポンサー契約を通じて、世界に向けてのPRを目論む。 「今回のスポンサー契約により、当社のヘルスケア事業のさらなる発展と、世界中のあらゆる人がいきいきと暮らせる社会、Human Smart Communityの実現へとつなげて行きたいと考えています」――。 今後の具体的なサポート体制については現在検討中とのことだが、当面はリストバンド型活動量計『アクティバンド』を用いた活動・睡眠・食事のトータル管理など両選手の健康サポートを行うほか、東芝病院での高酸素室の提供等を検討しているという。
    タグ
    堀琴音
    東芝
    豊永志帆