1. 『Air Speeder』に新シリーズ登場、FW・UT・Ironにも対応!

『Air Speeder』に新シリーズ登場、FW・UT・Ironにも対応!

メーカー
この記事は約 3 分で読めます。 244 Views

藤倉ゴム工業は4月10日より、30g台ながらしっかりと振れるシャフト『Air Speeder Plus』シリーズ及び、初代超軽量シャフト『Air Speeder』のFW、UT、Iron用シャフトを発売する。

昨年3月に発売した『Air Speeder』は、軽量化のニーズの高さや対象の広さ、ヘッドスピードが上がるという確実な結果が認められ、発売当初の予想を上回る市場の評価を獲得。2015年1月末までに6557本の出荷を達成している。そこで今回は、よりヘッドスピードの速いゴルファー向けに、同モデルの設計思想を踏襲するシャフトとして『Air Speeder Plus』シリーズの発売に至った。

同シリーズにはドライバー用(4万5000円)のほか、FW(2万8000円)、UT(2万3000円)、Iron(1万5000円)用の各モデルを用意。フルセットで統一感のある振り心地を提供していく。

さらに同時発売となるのは、初代『Air Speeder』のFW(2万8000円)、UT(2万3000円)、Iron(1万5000円)用シャフト。同製品ユーザーから「FW、UT、さらにはアイアンまで統一して使用したい」との要望を受け、フルラインナップで揃えるに至ったという。

これにより『Air Speeder』は、軽量化によって飛距離性能の恩恵を受けるゴルファーにとって、まさに唯一無二のシャフトとなるだろう。また同シリーズはドライバーからの流れを意識して開発されているのも特長。クラブセッティング全体の中での重量、振動数フローを計算し尽くした上で開発されたとのこと。

さらにFWとUTに関しては、同社アイアン用シャフト『MCI』で実績のある、完全番手別フロー設計を採用。これにより、個々人のセッティングに対する高い柔軟性を実現している。

ここで『Air Speeder Plus』と『Air Speeder』との違いについて触れておこう。

『Air Speeder』はスインガータイプにマッチしており、ヘッドスピード42m/sまでのゴルファーに推奨される。一方の『Air Speeder Plus』は、ヘッドスピード45m/sぐらいまでのゴルファーに推奨され、ヒッタータイプにもマッチする。またヘッド重量が重め(195g以上)のクラブとの相性は『Air Speeder Plus』の方が良いとしている。

超軽量でありながら、シャフトを感じてしっかり振れる両シリーズ。ゴルファーのスイングタイプや使用クラブ、ヘッドスピード等に合わせて選択することで、強い武器となりそうだ。

問い合わせは藤倉ゴム工業、スポーツ用品営業部へ、03~3527~8433。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • Mizuno Pro 2018 – ミズノプロWebカタログ

  • ジュピターゴルフネットワーク、役員選任のお知らせ

  • 日本ゴルフ協会、役員選任のお知らせ

  • 藤倉ゴム、役員選任のお知らせ

関連記事

  • 藤倉ゴム、役員選任のお知らせ

  • 異形7種の総和で位置づける藤倉ゴム工業におけるゴルフ事業の役割とは?

  • 今度はハジキ系の新スピーダー登場!

  • フジクラリシャフトキャンペーン

  • あの「スピーダー」が進化して帰ってくる!

  • 限定6000本の『ランバックス プラチナム』