• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • ピクセラ、スイングを動画撮影&解析するセンサーを発売

    編集部
    SNSでシェアする
    ピクセラは3月9日、都内ゴルフ練習場で記者発表会を開催。ゴルフスイング改善ツール『Plane Analyzer Plus(プレーンアナライザープラス)PIX‐GS100』(価格:1万9980円)を3月19日よりオンラインショップで先行販売することを発表した。 『プレーンアナライザープラス PIX‐GS100』は、「Bluetooth4・1」でスマートフォンやタブレットと接続し、ゴルフスイングの動画撮影や計測・解析ができるセンサー。約10gの軽量センサーをクラブのグリップエンドに装着し、無料の専用アプリを起動してスイングすることで、インパクトの瞬間を検知し、スマホでの動画撮影が自動で開始される。また、動画撮影だけでなく、「スイングの3D軌跡」「ヘッドスピード」「インパクトのフェース角」「インパクトのアタック角」などの計測も可能。 さらに、画面上に線を引いて、軸のブレやシャフトの傾きをチェックできる機能を搭載。その他にもプロのスイング動画との比較ができる同時再生機能も搭載。実際のスイング動画の比較だけでなく、3D軌跡表示でも同時再生ができるという。 今回の新製品の「プレアナの活用ガイド」を監修した、ゴルフティーチングプロの永井延宏氏は次のようにコメント。 「プレアナの良さはなんといっても練習に集中できる点。これまで自分のスイングを撮ろうと思ったら、撮影ボタンのオン/オフで打席から離れたり、撮った後には不要な場面を編集したりと何かと無駄な作業と時間がかかりました。 プレアナの場合は、センサーがインパクトを検知して、自動的にスイング部分だけを記録してくれるし、見るのも簡単。限られた練習時間を有効に使えます。また軽量で、しかもグリップエンドに付けるので、クラブの振り心地も変わりません。違和感なく練習できるのが一番ですね。自分の練習に集中できるし、我々指導者からするとレッスンの現場でも使いやすいです」――。 サイズは、直径23・7㎜×長さ46・8㎜で、重量は約10g。電源は内蔵リチウムイオン電池3・7Vで、容量は50mAh。本体充電時間は約2時間となり、約7時間の連続使用が可能となる。また、スイングセンサーの他に、microUSBケーブルが付属されている。さらに、アプリの対応OSは、Android4・4以降で、iOSは7・1以降となる(対応機種は、同社ホームページを参照)。 最後に、今後の販売政策について、同社取締役営業本部長の神田徹平氏は次のように説明している。 「まずはオンラインショップを中心に販売していきます。すでに、GDOやゴルフガレージ、ゴルフテックでの販売は、決まっています。ゴルフ量販店(リアル店舗)におきましては、今後開拓していく予定です」――。 なお、初年度の販売目標は、年間1万台を目指しているとのこと。一昨年2月に発売された『フルミエル』や昨年4月に発売された『エム・トレーサー・フォー・ゴルフ』など、近年スイング解析機に注目が集まっているが、果たして『プレーンアナライザープラス PIX‐GS100』がマーケットで受け入れられていくのか。今後の動きに要注目だ。 商品に関する問い合わせはピクセラへ、0120~727~231(携帯電話利用の場合は、0570~064~246)。 ホムページ:http://www.pixela.co.jp/products/mobile/pix_gs100/ *文中の価格表記は「税込み」です。
    タグ
    ピクセラ