1. ニュース
  2. メーカー

『ゼクシオ エイト』、2015年も店頭販売金額シェアNO.1を継続

メーカー ダンロップスポーツ 編集部

ダンロップスポーツが2013年12月7日に発売したゴルフクラブ『ゼクシオ エイト』は、2014年の年間店頭販売金額シェアNO.1(※)から引き続き、2015年1月、2月もドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンの各カテゴリーでモデル別店頭販売金額シェアNO.1(※)を達成した。

『ゼクシオ エイト』は同社独自の技術「デュアル スピード テクノロジー」により、今までどおりのスイングでもヘッドスピードとボールスピードがアップし、飛距離が伸びるクラブとして多くのゴルファーから支持されている。また、レギュラーモデルに加えて自分仕様のオリジナリティが楽しめるカラーカスタムも好評だ。

その中でも数量限定の新色ブラックは、『ゼクシオ』のプレミアム感を保ちつつ、今までにない精悍さと力強いイメージを持つモデルとして、市場での人気も高い。2014年12月の発売以降、『ゼクシオ エイト』のドライバー総販売金額に対して10%以上の割合を占め、発売2年目に入った2015年の店頭販売シェアNO.1に貢献している。

なお、同社は多くのゴルファーに支持されている『ゼクシオ エイト』の飛びと打ちやすさが体感できる試打会を引き続き全国各地で実施中。興味のある人は、 こちら。

※は、矢野経済研究所調べ。画像は、精悍さと力強いイメージが印象的な新色『ゼクシオエイト ブラック』。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 株式会社フラッグ、事業譲渡並びに商号変更に関するお知らせ

  • IOMIC、人事異動のお知らせ

  • アジルパートナーズ、事務所移転のお知らせ

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • 11代目ゼクシオは本当に進化しているのか?『イレブン』と『X』の実力を試してみた

  • 住友ゴム工業、役員異動のお知らせ

  • ダンロップスポーツマーケティング、役員選任のお知らせ

  • 「日本一曲がらない男」稲森佑貴が曲がらないコツを伝授

  • ダンロップスポーツマーケティング、役員選任のお知らせ

  • ダンロップスポーツ、役員選任のお知らせ